トチノキの観察(2)


花をつけなかった木は4.7%

観察(1)で「両生花と雄性花が混在する」というトチノキの面白い性格がわかったので、
マロニエ通り(左図)に並ぶ86本のトチノキのうち、秋には実をつけるであろう木≒春に花をつけている木をチェックしてみました。

まずは通りの北東方向(図の上端)から南西方向に向け、トチノキに番号を振りました。
そして、それぞれの木の花のつき方を評価して表にまとめました。
あくまで主観評価ですが、左の表で「◎」としているのは「すこぶる花つきのいい木」です。
「○」は「一応みごとに咲いている木」、「△」は「やや悲しい」咲き方、「×」は調査した日には花が認められなかった木です。

それぞれ本数を数えると、以下のような状況でした。
◎ 24本(27.9%)
○ 27本(31.4%)
△ 31本(36.0%)
×  4本( 4.7%)


実をつけなかった木は11.6%

開花から2カ月半が経ち、育ちきれない未熟の実もあらかた落ちたので、並木の全86本の実のつき具合を調べました。
そして、5月時点の花のつき方と対比して表にまとめてみました。
今回の「◎」は、下から肉眼でざっと勘定して50個以上は実がついていた木です。
以下それぞれ、「○」は30個以上、「△」はそれ以下、「×」は調査した日には実が見つからなかった木です。

それぞれ本数は以下のような状況でした。
◎  8本( 9.3%)
○ 32本(37.2%)
△ 36本(41.9%)
× 10本(11.6%)

表で黄色くマークしたところは、花つきが良かったにもかかわらず実がない(または極端に少ない)木です。これらの中には花のときに雌花が少ないことが見てとれた木もあり、雌雄混株とは言っても雌性の強い株・弱い株という差は歴然と存在するようです。

<調査データ>
調査日:開花状況=2010年5月10日(月) 結実状況=2010年7月25日(日)
調査地点:志木市館二丁目・マロニエ通り


■ このページの一番上に戻る ■ このコーナーのトップに戻る


■ MENU画面 ■ ハタザクラ(長勝院旗桜) ■ 猫やメダカやお酒、その他 ■ おーなーずるーむ