■ 4月後半

■ 1月前半 ■ 1月後半 ■ 2月前半 ■ 2月後半 ■ 3月前半 ■ 3月後半 ■ 4月前半 ■ 5月前半 ■ 5月後半 ■ 6月前半 ■ 6月後半 ■ 7月前半 ■ 7月後半 ■ 8月前半 ■ 8月後半 ■ 9月前半 ■ 9月後半 ■ 10月前半 ■ 10月後半 ■ 11月前半 ■ 11月後半 ■ 12月前半 ■ 12月後半
■ <草木365日> ■<植物名検索> ■<逆引き・植物名検索>


☆目当ての草木を探しやすくするため、「草の部」と「木の部」に分けてありますが、草木いずれともしにくいもの(例:クレマチスやチェリーセージ)は両方にサムネイルがあります。そのため、ページの掲載総数とサムネイル数は合致しません☆
☆新しく掲載した草木は、そのタイトル(日付・植物名)がオリーブ色になっています☆

■ 草の部 ☆日付の浅い順に並んでいます☆ ☆サムネイルをクリックすると、その掲載日付箇所へ移動します☆

■ 木の部 ☆日付の浅い順に並んでいます☆ ☆サムネイルをクリックすると、その掲載日付箇所へ移動します☆


4月16日 ヤマブキソウ

名前のとおり山吹によく似ていますが、こちらは草本です。せいぜい膝下の高さです。
「山吹の花びらが5枚なのに対してこちらは4枚」というのはどこでもたいてい語られますが、そうなるとつい悪戯心で5枚の花を見つけて(画面下側)しまいます。
花よりはむしろ葉の形が
山吹とは大違いです(入子写真部参照)。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月16日 ヤエムグラ


子供のころの野原遊びで活躍した草です。
オナモミは投げ合って相手にくっつけたのに対し、ヤエムグラは相手の背中にこっそり貼りつける遊びでした。
そのときは、こんな花がついているなんて意識していなかったと思います。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月16日 カキドオシ


この獰猛そうな茎を見ると、垣根を貫通して延びていくからという名前の由来にうなずくことができます。ただし、花は1pもないかわいいものです。
キランソウと同じシソ科で、よく似た唇形の花です。もっともキランソウのように葉まで毛深くはないので、区別はわりと容易です。
むしろ、科は違うものの、ゴマノハグサ科のムラサキサギゴケ(↓)・トキワハゼ・ツタバウンランなどと見かけが近いかもしれません。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月16日 ムラサキサギゴケ


この花が鷺に見えるかどうかは微妙ですが、言われてみれば羽を開いたところに見えなくもありません。
問題は苔という名前ですが、まったく苔とは関係はなく、蔓が地面にはびこる様子を苔に例えたようです。(2005年)

ゴマノハグサ科 Mazus miquelii

☆ページトップへ戻る☆



4月16日 アメリカハナズオウ


ふつうのハナズオウはせいぜい3〜4mの背丈ですが、これは10mほどもありました。花の向こうに高所の枝が霞んでいます。
花色もやや淡くて柄が長く、
ハナズオウよりは散漫な感じがします。
ハナズオウと同じく、これにも変種に白花があるそうですが、それはまだ見ていません。(2005年・水)

☆ページトップへ戻る☆



4月16日 ミツバアケビ


アケビは5出複葉の代表的なものですが、その小葉が3枚だけのタイプです。小葉に切れ込みがあるのも、ふつうのアケビと異なります。
実がどうなるかはまだ見ていません。(2005年・四小) ※ 実をつけた姿はこちらです。(2007年8月28日追記)

☆ページトップへ戻る☆



4月16日 ポプラ


北大のポプラが去年の台風で倒れたと聞きましたが、やや老齢化していたのでしょうか。
この並木の樹齢はわかりませんが、ゆうに10mは超えそうなものばかりです。若葉が出始めています。(2005年・水)

☆ページトップへ戻る☆



4月16日 ライラック


これもポプラ(↑)と同じく北海道を連想させますが、関東でもふつうに見ることができます。
フランス風に「リラ」と呼ぶと、花もさらに可憐に見えるでしょうか。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月16日 タブノキ


かわいい実巨木ぶりは去年紹介済みですが、今年は開花をとらえることができました。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月16日 ユズリハ


モチャッとついた花穂と、その真んなかから突き出している葉芽です。
この葉芽から若葉が展開すると、ユズリハの謂れである世代交代の時期になります。(2005年)

冬の結実の様子は
こちら、若い実の様子はこちら、葉柄の白いのタイプはこちらです。

☆ページトップへ戻る☆



4月16日 エノキ


なんとまあ、わかりにくい写真なんだと自省しつつ、「本当にわかりにくいんです」と言い訳させていただきます。
大きな木になるエノキですが、花は虫眼鏡がないと作りがよく理解できません。しかし、盛大に花がついているので、遠くからでも枝先が白緑色に霞んでいるのは美しい眺めです。
枝の先端につくのが両性花で、モコモコした部分がメシベのようです。その下側(基部)につくのが雄花で、こちらは十字型に開いた4本のオシベがくっきり判別できます。(2006年)

若い実と葉はこちら、その実の色づきはこちら、虫こぶはこちらです。

☆ページトップへ戻る☆



4月16日 タチイヌノフグリ


小さいことのたとえで「米粒みたい」と言いますが、この花はその米粒よりもさらに小型です。しかもこのように葉に埋もれて咲くので、かなりの地味さです。
タチイヌノフグリの名前どおり、茎は地面からスッと立ち上がるのですが、せいぜい10pほどの草丈ですから、目立つ訳がありません。
オオイヌノフグリをそれだけ見ていると、どうしてこんな小さな花が「大」なんだろうと不思議に思いますが、ほかのイヌノフグリ類の小ささを見れば納得です。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月16日 ヤエザクラ(関山)


染井吉野や山桜と入れ替わるように咲き出す八重は、一枝そのままがまるでブーケかコサージュのようで、じつに豪華です。
品種の見分けはワタシにはむずかしいのですが、一応「関山(かんざん)」としておきます。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 ベニバナトキワマンサク


ふつうの満作は、花の形は同じでも色が
黄色です(2005年にはも掲載)。
それが常磐満作になると白で、さらに紅花となるとこうなります。
名前が長くなるたびに花つきが豪華になるのは、園芸改良の成果なのでしょう。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 ヒナゲシ(ポピー)


♪ヒ・ナ・ゲ・シの花がァ、と歌っていたアイドルも、いまやすっかり○○さんになりました。
アンタもその分オジ(ィ)サンになってるのさ(と自己批判)。
芥子の種類は多いですが、この雛罌粟(すごい字だな)が一番可憐でしょう。
そう言えば漱石の小説のタイトル「虞美人草」とはこの花の別名でした。あれがもし「雛罌粟」だったら、小説の中身が喜劇に思えてしまいます。(2004年)

ケシ科 ケシ属  Papaver rhoeas

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 シャクナゲ


4/3には
赤い石楠花を写しましたが、2週間後にはフリフリ付きの派手めさんを見かけました。
もしかしたら、こちらは西洋石楠花かもしれません。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 シャクヤク


「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」って、絶対ヘンだと思いませんか。
だって、草本の芍薬は木本の牡丹より背が低いじゃないですか。
語呂だけを重視して、いい加減なことを言うのは、昨今の芸能人に始まったことではなかったということでしょうか。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 ウコンザクラ


鬱金って、IMEでは変換できませんね。「鬱陶しい金色」と入力するのは実に鬱陶しいことです。 先日、「めくら」が変換できなくて悩みましたが、ウコンは差別用語コードには触れないですよね。

しかし、ワタシは「右近の橘、左近の桜」の連想からか、この桜の表記は右近だと思っていました。
アア、恥ずかしい。
ウコンの方も照れたのか、ポッとピンク色が入っています。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 スズメノエンドウ


似たものに
カラスノエンドウがありますが、雀の方が全体に小ぶりです。
葉が細く、花もあるかなしかの頼りなさの上に色も冴えません。実の莢も小さく、なかの豆は2個しか入っていません。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 アジュガ(西洋十二単)


この手の「紫色&唇形」の花って、春に意外に多いことに気づきました。
キランソウカキドオシオドリコソウなど、だいたいがシソ科のようです。
しかし、科は違ってもムラサキサギゴケトキワハゼツタバウンラン(いずれもゴマノハグサ科)などは素人目には花の感じが似ているように見えて仕方ありません。
…と、こうやってリンクを貼って整理していると、だいぶ区別できるようになってきました。(2005年)

シソ科 キランソウ属 Ajuga reptans

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 クンシラン


鉢植えにして立派に咲かせているのをよく見かけます。
写真のクンシランは、正確には「受け咲き君子蘭」と呼ぶべきで、本当のクンシランは俯いた花だそうです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 イロハモミジ


モミジ(カエデ:楓)の類には似たものが多いのですが、このイロハモミジを一番の基準に考えています(自己流です)。
葉の切れ込みが深く、古語のカエルデ(⇒楓)という名前そのものです。
オオモミジヤマモミジはこのイロハモミジの変種だと言います。
別名のイロハカエデの方が、名前としては「モミジと紅葉」が混線しないからいいと思うのですが、残念ながらイロハモミジがメジャーのようです。
ほかにタカオカエデやコハモミジなどの呼び方もするようです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 クマシデ


ソロ(アカシデ)やイヌシデとよく似た感じの花(雌雄同株・先端につくのが雌花)です。この場所にこの木があることを知らなかったら悩んだかもしれません。
ただ、開花と葉の展開が同時期なのがクマシデの特徴で、
ほかのシデは葉より花がかなり先行します。
夏に実る果苞がややオデブなので、ほかのシデと区別できました。(2005年・1-6-3)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 ニワトコ


ソフトクリームみたいな花、どこか素っ頓狂な名前、楽しい木です。
これからひと月少しすると、このフワフワの花が
赤い実になります。
古来、武家の「庭」には「常」に置くように、というのが名前の由来です(その訳は実の説明参照)。素っ頓狂な姿や名前と裏腹に、非常に真面目な木なのでした。(2005年・1-1-1)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 ヤマブキ(八重)


一重のヤマブキが明るく輝くのに対し、八重はやや濃い黄色に見えるので、遠目でも区別できます。
小判の色を俗に山吹色と言いますが、はたして一重と八重のどちらの色を言ったものか、お金に縁のない者の知るところではありません。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 シロヤマブキ


ヤマブキの色違いかと思ってしまいますが、属違いなので別のものと考えた方がよさそうです。
その証拠に、
ヤマブキ(一重)の花びらは5枚なのに、こちらは4枚です。
山吹に実がつくかどうか、例の歌で面倒なこと(一重山吹の項参照)ですが、シロには盛大について翌年の開花時まで残ります。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 シジミバナ


ユキヤナギコデマリに近い種類で、離れたところからはどちらかに間違えそうです。
時期的にも、雪柳のあとで小手毬の先という近接した関係です。ただし、葉の形は雪柳や小手毬よりはずっと広くて鋸歯も目立ちません。
花が八重咲きで中心部が窪んだところは、なるほど蜆のお肉を彷彿とさせます。(2005年・二小南)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 シラカンバ


白樺派などという知識もあってか、この木はシラカバと呼んでしまいますが、植物的には「ン」入りが標準でした。
高原のイメージですが、市街地でもこうやって平気で花を開きます。写っているのは雄花で、葉の展開と同時に開花します。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 バコパ


バコパというかなりズボラな名前で呼んでいいかどうか少し不安ですが、学術サイトではないのでOKとしておきます。(2006年)

大型のバコパ(バコパコピア)もあります。(2007年)

ゴマノハグサ科 Sutera diffusus(=Bacopa diffusus)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 ブルーベリー


去年、実をつけているのを見つけてから始まったブルーベリー観察ですが、やっと花を写すことができました。
今はドウダンツツジが花盛りの時期ですが、壷型のこの花だけ見るとよく似ています。しかし、木の雰囲気や花の数はブルーベリーの方が控えめで、間違えることはなさそうです。
夏には紺色や紫色の実がおいしそうです。冬にはピンクがかった赤に紅葉します。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 オニタビラコ


この春には子鬼田平子藪田平子を撮影できており、これで一気に田平子トリオの完成です。
さすが長兄だけあって大物です。葉もでかでかですが、そこから伸びた茎(黄色矢印)が60〜70pもあります。
花と葉の間がものすごく間延びするので、横長写真には納まり切りません。茎や葉はザラザラと毛が目立ちます。大きさや荒さが、まさしく鬼の名にぴったりです。(2006年)

キク科 Youngia japonica

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 オオバベニガシワ(雄花)


赤くて大きくて筋張って、毎年気になっていた葉です。しかし、いつも正体を調べきれないうちにこの葉はふつうの緑色になってしまい、自然と忘れてしまう繰り返しでした。
これじゃーいかん、と一念発起、今年は気合を入れて調べました。オオバベニガシワ、まあ見てのとおりの名前と言えばそうでした。
葉に気をとられますが、花もなかなかコケティッシュです。同じ時期に咲くコウゾはウニみたいですが、8本の足を広げたこちらはイイダコみたいです。
これは雄花で、雌花(↓)は翌年に掲載することができました。(2006年)

トウダイグサ科 アミガサギリ属 Alchornea davidii

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 オオバベニガシワ(雌花)


前の年はタコのような雄花(↑)だけしか紹介できませんでしたが、今年は雌花をとらえることができました。
ハナノキカツラのそれと似て、ピラピラだけで愛想のない姿です。
同じ木に雌花も雄花も両方つくのですが、枝によって雌花だけと雄花だけのものが分かれます。両方一緒に写すのがむずかしいので、上の写真と見比べてください。(2007年)

トウダイグサ科 アミガサギリ属 Alchornea davidii

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 トウグミ


ナツグミの変種ですが、実がご本家よりも大きいところを外来ものと誤解(本当は日本産)したのが名前の由来だそうです。
舶来コンプレックス丸出しの話で赤面してしまいます。ということで、花どきの写真に加えて実の姿をとらえない限り、トウグミの紹介は暫定としておい方がよさそうです。(2007年)

グミ科 グミ属 Elaeagnus multiflora var.hortensis

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 ツボスミレ


名前を貸してあげているタチツボスミレよりはやや貴重品です。
浅いハート型の葉と、白に紫筋模様の花が特徴です。人差指と比べてわかるように、とても小さな花です。(2007年)

スミレ科 スミレ属 Viola verecunda

☆ページトップへ戻る☆



4月17日 ウリハダカエデ


名前のもとになっている木の肌が奥にうっすらと写っていますが、今回の主役は花です。
概して目立ちにくいカエデ類の花のなかでも、これは色合いが葉に溶け込むので、うまく目について幸運でした。(2007年)

カエデ科 カエデ属 Acer rufinerve

☆ページトップへ戻る☆



4月18日 シロバナハナズオウ


4月3日に登場しているのは、標準的な
ピンク色。こちらは少しめずらしい白色です。
あえて白花と断るとおり、ピンクとは別種ということですが、学名にcv.とあるので園芸種なのでしょう。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



4月18日 タガラシ


4月3日に見つけましたが、2週間たって実が大きくなってきました。
緑の長円形の実がタガラシの特徴で、同じ科でよく似たキツネノボタンはここがイガイガです。(2005年・サクラ脇)

☆ページトップへ戻る☆



4月18日 カロライナジャスミン


常緑で冬を越すくらいなので、寒さには強いようですが、それでも冬の間に茶色になった葉もあります。
しかし、花がそれを覆い隠す勢いで咲き始めました。
上品な香りがするので、ジャスミンという名に抵抗を感じませんが、学問的にはモクセイ科のジャスミン類とは違う仲間だそうです。フジウツギ科とかマチン科に分類されていますが、こういう「揺れている」植物ってときどきあるようです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月18日 ゴウダソウ(ルナリア)


去年6月に衝撃の出会いをしたあと、その青い実が銀色に輝くのを確かめ、待ちに待った開花です。
だがしかし、これは肩透かしでした。実の姿からして、いったいどんな奇怪な花かと期待したのに、なるほど、君はアブラナ科だったのか、と深く頷かざるを得ない姿でした。
これではダイコンバナと見間違えても仕方ありません。(2007年)

アブラナ科 ギンセンソウ属 Lunaria annua

☆ページトップへ戻る☆



4月18日 ハリエニシダ


今が盛りと咲きそろった花にばかり目を奪われて近づくと、この鋭い針の餌食になります。
冬の間、棘だらけになったこの木の恐ろしい姿をしっかり覚えていたはずなのに、つい忘れて指を出し、チクリとやられてしまいました。(2007年)

マメ科 ハリエニシダ属 Ulex europaeus

☆ページトップへ戻る☆



4月18日 ホザキイカリソウ


これは淫羊霍(インヨウカク)という生薬のもとだそうで、この薬、文字を見るだけでも効きそうなすごい名前です。
羊ってそんなにパワフルなんですか。一日に百回もいたすそうで、これ、腕立て伏せの回数じゃないですよね。
その羊が食べて絶倫になる草なんだそうですが、ふつうのイカリソウとは花がまるで違って、花だけ見ると、もう赤玉が出てしまったジイサンみたいです。(2007年)

メギ科 イカリソウ属 Epimedium sagittatum

☆ページトップへ戻る☆



4月18日 コクサギ


形の面白さで目立ち度の高いに比べると、寸法も色合いもとても地味ですが、これは雄花です。
雌雄異株で、雌花はまだ撮影できていません。(2007年)

ミカン科 コクサギ属 Orixa japonica

☆ページトップへ戻る☆



4月18日 レンゲツツジ


かたまって咲いた花が蓮華に見えるというのですが、それには少し早すぎたようです。(2007年)

ツツジ科 ツツジ属 Rhododendron japonicum

☆ページトップへ戻る☆



4月19日 エンドウ(ツタンカーメンのエンドウ)


呪いがかかっているように不気味な紫の莢を後方に写し込みました。熟すともっとプックリになるようです。
食べてもおいしいというのですが、あまり気乗りはしません。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月19日 カントウタンポポ


(2007年)

キク科 タンポポ属 Taraxacum platycarpum

☆ページトップへ戻る☆



4月19日 サルトリイバラ(サンキライ)


(2007年)

ユリ科 シオデ属 Smilax china

☆ページトップへ戻る☆



4月19日 シロバナアケビ


(2007年)

アケビ科 アケビ属 Akebia quinata cv. leucantha

☆ページトップへ戻る☆



4月19日 ウラシマソウ


(2007年)

サトイモ科 テンナンショウ属 Arisaema urashima

☆ページトップへ戻る☆



4月19日 ヤマアイ


(2007年)

トウダイグサ科 ヤマアイ属 Mercurialis leiocarpa

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 キエビネ


ふつうのエビネと違って、少し派手すぎる気がします。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 ミツガシワ


毛むくじゃらの花に気をとられて、名前の由来である肝心の葉(3小葉)を入れそこないました。来年、撮り直しです。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 ムラサキカタバミ


似た種類にイモカタバミがありますが、比べればいろいろ違います。
見分けやすいポイントは、花芯の色と葯の色のようです(イモカタバミの項を参照)。(2006年)

カタバミ科 Oxalis corymbosa

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 ゴヨウツツジ(シロヤシオ)


今年誕生した高野槙クンの従姉さんのお印がこれです。
この白い花をご両親がいたく好まれたのだそうで、なるほど清楚そのものです。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 ユキモチソウ


解説無用、そのまんまの名前です。今だったら雪見大福草と命名されそうです。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 ゴマギ


花よりも葉の美しさに惹かれる木です。
その葉を傷つけると胡麻の香りがするというのですが、どうも自分にはそれが感じられないのが残念です。(2007年)

スイカズラ科 ガマズミ属 Viburnum sieboldii

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 ハマダイコン


(2007年)

アブラナ科 ダイコン属 Raphanus sativus var. raphanistroides

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 ホルトソウ


(2007年)

トウダイグサ科 トウダイグサ属 Euphorbia lathyris

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 イヌムレスズメ


(2007年)

マメ科 Echinosophora koreensis

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 キンギンボク


(2007年)

スイカズラ科 スイカズラ属 Lonicera morrowii 

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 ナツトウダイ


(2007年)

トウダイグサ科 トウダイグサ属 Euphorbia sieboldiana

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 オキナグサ


(2007年)

キンポウゲ科 オキナグサ属 Pulsatilla cernua

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 オオカナメモチ


(2007年)

バラ科 カナメモチ属 Photinia serratifolia

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 セイシカ


(2007年)

ツツジ科 ツツジ属 Rhododendron latoucheae Franch

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 タンチョウソウ


(2007年)

ユキノシタ科 イワヤツデ属 Mukdenia rossii

☆ページトップへ戻る☆



4月20日 チョウジガマズミ


(2007年)

スイカズラ科 ガマズミ属 Viburnum carlesii

☆ページトップへ戻る☆



4月21日 フジ


まあ、ぜんぜん説明はいらないですね。
でも、藤の肥料には酒粕がいいのだそうで、贅沢なヤツと思いながらも、酒好きのワタシは共感してしまいます。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



4月21日 ユスラウメ


3/29に
花の写真を撮りましたが、同じ木にもうこんな実がつきました。
あとひと月もすれば、まん丸真っ赤に熟します。ホント、花や木の変化スピードには参ります。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



4月21日 カシワ


カシワの若葉を下から見上げました。すぐにごつい葉になりますが、今の時期はこんなに透けてきれいです。
若葉と同時に開花しますが、つい垂れている雄花ばかりに目を奪われます(雌雄同株)。雌花の撮影はまた来年の課題です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月21日 ハナイバナ


胡瓜草と紛らわしいのですが、葉と葉の間に花がつくという名前が見分けの頼りです。
花の中心の黄色みも、胡瓜草よりは一段薄れている感じです。(2007年)

ムラサキ科 ハナイバナ属  Bothriospermum tenellum

☆ページトップへ戻る☆



4月21日 ヒメウズ


あこがれの姫様を見つけました。
林のなかの小さな日向で、やさしく風にそよいでいました。(2007年)

キンポウゲ科 ヒメウズ属 Semiaquilegia adoxoides

☆ページトップへ戻る☆



4月21日 ジュウニヒトエ


これに名を借りた西洋十二単(アジュガ)は花壇でもよく見かけますが、それに対してこちらはかなり希少種です。
白い花は土埃に汚れやすく、名前のように平安朝の美しい姿を夢想していたら見事に裏切られました。どちらかと言うと「お菰さん」がぴったりです。(2007年)

シソ科 キランソウ属  Ajuga nipponensis

☆ページトップへ戻る☆



4月21日 ルイヨウボタン


(2007年)

メギ科 ルイヨウボタン属  Caulophyllum robustum

☆ページトップへ戻る☆



4月21日 サラサモクレン


(2007年)

モクレン科 モクレン属 Magnolia × soulangeana

☆ページトップへ戻る☆



4月21日 ヤマルリソウ


(2007年)

ムラサキ科 ルリソウ属  Omphalodes japonica

☆ページトップへ戻る☆



4月22日 コデマリ


この株を植えているお宅は玄関がすっかりコデマリに覆われていて、それは見事な眺めです。
育て方が上手なのか、
オオデマリみたいに大振りな花穂ですが、花一つひとつの可愛さはしっかり小手毬です。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



4月22日 ムラサキツユクサ


「夏草」というイメージのあったものを4月のうちから見つけて、少し驚きました。
もっとも、名前に紫のつかない「露草」は、もう少しあとに咲くでしょうけれど。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



4月22日 モウソウチク


竹の子の季節です。近所のわずかな空き地に孟宗の竹やぶがあって、こうやって毎年竹の子が出てきます。
掘ろうかな、と毎年思うのですが、まだそこまでずうずうしいオッサンになれないでいます。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月22日 トウカエデ


街路樹として植えられることが多い木です。当然ながら刈り込まれるために、花を見ることができないケースがほとんどです。
この木は公園でせいせいと育っていたので、花も豪華についています。
先が三つに割れた葉が特徴ですが変異が多く不確かで、むしろ縦にザクザク剥けた樹皮が見分けポイントになります。(2005年)

紅葉の様子は
こちらです。

☆ページトップへ戻る☆



4月22日 ウワミズザクラ


古代、この木を占いに使い、材の「上に溝」を彫ったからという解説(ぞ→ずに転訛)を見ますが、この木を燃やして鹿の骨を焼いたという説もあり、なんだか眉唾です。
ならばもう一つの当て字である「上不見」はどうかというと、この写真でわかるとおり、かなり見上げないことには花が見れないので、これも変な感じです。
それより不思議だったのは、こんな穂状の花がどうして「桜」なのかということですが、一つひとつの花はしっかり5弁なのでした。

6月の鳥海山で、もう少しわかりやすい
一枚が撮れました。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月22日 イヌザクラ


イヌとつく植物はあまり大事にされないものばかりですが、染井吉野を見飽きた目で見ると、とても個性的な風貌です。
桜という概念からのハズレ度ではウワミズザクラ(↑)もなかなかですが、イヌはさらに変態チックです。
ウワミズは白い花がもっと房状にきれいですが、イヌは花がまばらでオシベが花びらの外に突き出しています。なんだか、マスカラ厚塗りのオカマさんを連想してしまいます。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月22日 クサイチゴ


あとひと月もすると、筋子のように輝く赤い実になります。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月22日 ムサシアブミ


ムサシアブミの愉快な実に出会ったのは去年の秋でしたが、春になって念願の花を見ることができました。
なるほど確かに、博物館で見かける形です。どこぞの殿様ご愛用の螺鈿・蒔絵の豪華な一品とか…。そんなセレブ鐙も素敵ではありますが、こちらのシックな色合いにも惹かれます。
サトイモ科らしい仏炎苞はザゼンソウなどと同じ仕組みのようですが、ムサシアブミは大きさで目立ちます。この大きさと形を見れば、鐙とした見立てに納得です。(2006年)

冬に赤くなった実はこちらです。

サトイモ科 Arisaema ringens

☆ページトップへ戻る☆



4月23日 ケマンソウ


チロリアンランプとかフクシアとか、笑ってしまう花というのがありますが、これもなかなかのオドケぶりです。
別名をタイツリソウといいますが、確かに鯛が二匹釣れたように見えます。
ところで本名のケマンですが、漢字で書くと華鬘、お寺の欄間とかにかかっている荘厳飾りのことです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月23日 ネギ


関東でネギと言えばこの長ネギ(根深ネギ)で、関西の人にはこのタイトルは抵抗あるかもしれません。おいおい詳しくなったら直しますのであしからず。
おいしい旬の姿は
11月に紹介していますが、こうやって花をつけさせるのは次の種を取るためだそうです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月23日 ネモフィラ・インシグニス(メンジーシー)


取り上げる時期がやや遅すぎましたが、まだ花壇を元気に飾っています。
手前の青いのがネモフィラ・インシグニス(メンジーシー)です。

Nemophila menziesii (=Nemophila insignis)

4月23日 ネモフィラ・マクラタ

奥の側で白地の縁に黒いスポットが入ったのがネモフィラ・マクラタです。
ここにない種類で、黒紫色の花びらで縁だけ白い
ペニーブラックというのもあります。(2005年)

Nemophila maculata

☆ページトップへ戻る☆



4月23日 タツナミソウ


浅い林などが生育環境ですが、道端の塀際でも見つけることができました。
姿と名前がぴったりで、ほかに紛らわしいものがないので覚えやすく感じています(今のところは、という但し書き付きですが)。
と思っていたら、後日近くのホームセンターでピンクの立波草が売られていました。この分では園芸種がどんどん開発されて、何がなにやらわからなくなるのも時間の問題でしょうか。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月23日 ボタン


これを花の王というのは中国に原典があるそう(西欧基準の花の王はシャクナゲ)ですが、まさしくその風格です。
数ある色のなかで一番好きなものを載せました。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月23日 ゲッケイジュ


乾燥させた葉はローリエとしてお料理で有名ですが、古代オリンピックで勝者の頭を飾った月桂冠(お酒の名前ではありません)としても強い印象を持つ木です。
葉も木もなかなか直線的で簡潔なイメージですが、花はこんなにモチャッと濃密に咲くのでした。(2005年)

実の姿は
こちらです。

クスノキ科 Laurus nobilis

☆ページトップへ戻る☆



4月23日 ハナミズキ


桜が終わってなんとはなしにホッとした心で眺めるせいか、あー・きれいです。
さらに、花水木という字が、そしてその音がきれいです。この木は、名前でもかなり得をしている気がします。 (2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月23日 ヒイラギモチ(シナヒイラギ)


クリスマスホーリーとして園芸店で売られていますが、本当の別名はチャイニーズホーリーのようです。
確かにX'masにもってこいの
赤い実と緑の葉のコントラストですが、去年はあまりいい絵が写せていません。青い実状態のときはとてもいい木に出会えたのですが、残念です。
雌雄異株で、これは雌花です。(2005年)

<追記>似たものにセイヨウヒイラギ(艶のある葉で棘が多い)とアメリカヒイラギ(葉の棘は多いが艶がない)がありますが、両方とも未収録です。(2008年)

モチノキ科モチノキ属 Ilex cornuta

☆ページトップへ戻る☆



4月23日 イチョウ


臭いの面倒だのと言いながら、去年もたくさん拾って楽しんだ銀杏ですが、春の花は初めて眺めました。
もっともこれは雄花(雌雄異株)です。雌花は小さく地味で、簡単には見つかりません。(2005年)

夏になって雌株の実が膨らんだ絵は
こちらです。
それ以外の折々の様子はこちらです。 若葉 熟した実 黄葉

イチョウ科 Ginkgo biloba

☆ページトップへ戻る☆



4月23日 オトコヨウゾメ


強い葉脈を持つ葉が印象的です。
白い花はとても撮影しにくく、来年の再挑戦課題です。その前に、秋の
赤い実をうまく写せればいいのですが。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月23日 カブ


近所のビニールハウスを覗いてみました。一瞬、カブではなくダイコンかと思いました。だって、これがカブならほぼ全容が土から飛び出ていることになります。
でも、葉っぱがどうしてもカブだし、露出した根の下部は丸く収束するカーブです。ふーん、これなら老齢農家でも収穫は楽そうです。
せり・なずな…の歌でいうスズナだなんて今さら言うことでもないですが、古くは根よりも葉の方を食べていたそうです。確かにシャキッとした食感は美味だと思います。(2006年)

開花の姿はこちらです。

アブラナ科 Brassica rapa

☆ページトップへ戻る☆



4月23日 カサスゲ


別名が蓑菅だそうで、雨具材料として重宝されたようです。
もちろん、このカサスゲに限らず、菅類は広く生活資材とされたわけで、萱刈沢などという地名(萱はスゲ・ヨシ・ススキなどの総称)を昔は見かけました。
花穂の先の茶色いのが雄、下の方で緑色をしているのが雌です。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月23日 ミツバツチグリ


もともと土栗という植物があって、それに似るけれども葉が3枚というのがこの名前の由来です。
しかし、その土栗がなかなか貴重品らしくお目にかかれません。葉は羽状に7枚のようで、食べられる根が栗に似ると言います。
それならミツバツチグリも、と思いがちですが、こちらの根は土栗と同じように太いくせに食べられないそうです。(2006年)

花が八重のものもありました。(2007年)

バラ科 キジムシロ属  Potentilla freyniana

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 エビネ


黄色い花のものが売られていたりしますが、これは比較的地味で原種に近そうな園芸種(黒百合地エビネ)です。
エビネは海老根で、地下茎が海老の尾に似ているからといいますが、育てたことがないので受け売りです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 ホタルカズラ


やや木陰の草地のなかで、青い花に木漏れ日が当たっていました。ホタルカズラ、なるほど蛍を思い出さなくもありません。
つい「青い花」と芸のない書き方をしましたが、物の本には「碧紫色」とか「瑠璃色」とかあって、我が身の語彙の貧困を恥じ入ります。
カズラというとおり、蔓性の茎はこれからまだ延びそうです。葉には裏表に粗い毛があって、かわいい花とはアンバランスな印象でした。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 イカリソウ


4月前半に
トキワイカリソウを載せてありますが、こちらはふつうのイカリソウです。
花びらがもう少し反り返れば、名前どおりの碇になるのですが、少し早すぎました。
漢方で強壮・強精薬にするのは、これの根を干したものです。(2005年)

メギ科 イカリソウ属 Epimedium grandiflorum

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 オドリコソウ


早春の
ホトケノザに始まり、ヒメオドリコソウが続いて、ようやくオドリコソウの出番です。シソ科三姉妹というところでしょうか。
カキドオシキランソウとも仲間になります。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 セリバヒエンソウ


デルフィニウム(飛燕草)の仲間で帰化植物です。木陰で育ちやすいらしく、何箇所かで見かけました。
おとなしい色と佇まいで、花屋さんで目立つ園芸種の
デルフィニウムとは趣が違います。(2005年)

キンポウゲ科 Deiphinium anthriscifolium

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 チゴユリ


摘もうとしているのではなく、ちょいとお顔を拝見しているだけなので誤解のないように。
指と比べてみても、その花の稚児ぶりがよくわかります。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 ツリガネズイセン


ヒヤシンスの花茎が徒長してしまったように見えます。調べたら、同じユリ科でした。
シラー・ヒスパニカというのが本名らしいので、シラーともお仲間でしょうが、見かけはかなり違います。(2005年)

Scilla hispanica Mill(=Scilla Campanulata)

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 ベニドウダン


ふつうの
ドウダンツツジの開花は4月前半で報告済みですが、こちらはこんな紅色のドウダンです。
ドウダンにはこの二つ以外にサラサドウダンというのもあって、この三つがポピュラーなようです。
サラサはもう少し淡い紅で白い縦筋模様があります。花びらの先端も丸く、ベニドウダンはギザギザです。
葉もそれぞれ多少異なります。ドウダンの鋸歯が一番微妙で、サラサがそれに次ぎ、ベニはこんなにはっきりしています。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 カラタチ


どうしてもこの花を撮りたかったのに、少し盛りをはずしてしまったようです。若葉が繁って、あの冬の
鋭い棘を隠してしまい、花は淋しげでした。
なぜ「どうしても」かというと、♪雨の小経に白い花が咲く、という島倉千代子の絶唱が忘れられないからです。団塊世代ということでしょうか。
さて、ド演歌路線だけでは悲しいので教養講座も一つ。東京・湯島のカラタチ寺(麟祥院)は春日の局のお墓で有名ですが、漱石はそれに枳殻と当て、鴎外は臭橘と当てました。枸橘ともするようで、試験に出たらどれを書けばいいのでしょう。(2005年)

ミカン科カラタチ属 Poncirus trifoliata

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 トキワマンサク


マンサクは黄色の花、ベニバナトキワマンサクはピンク色、そしてこれが白。三者三様の美しさ、というところです。
トキワは常緑のことなので、マンサクのように枝にいきなりヒラヒラが…、という不思議さはなく、紅花常磐のような派手さもなく、ごくノーマルな印象です。
伊勢神宮に自生するそうですから、ノーマルというよりノーブルというべきでしょうか。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 ウンゼンツツジ


小さくてかわいいツツジです。高さは膝丈くらい、葉が小さくて少なく、枝先に1〜2輪の花をつけます。
この花は標準的なピンクですが、もう少し紫っぽいものやパステルピンクもあるようです。
画面下部に小生の左人差し指が写っています。多少大きめではありますがふつうの指ですから、花の小ささがわかるはずです。
その可愛い花と比べて小憎らしいのは、雲仙には自生していないのに雲仙というその名前です。箱根にないのに
箱根空木とか、近畿に自生するのに日向水木とか、厄介な仲間のうちの一人です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 ヤマツツジ


名前のとおり自然種で、いろいろな園芸品種の母体になったものだそうです。
撮影時期が少し遅すぎたのか、葉が込んでいます。ヤマツツジの名所とかの写真を見ると花の海みたいですから、今度はそういうところで撮影したいものです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 モミジバフウ


別名がアメリカフウ。秋の真紅の紅葉が見事です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 ホウチャクソウ


山のなかで出くわす(逢着)とうれしいからホウチャクソウ、と思ったら(笑)、宝鐸草でした。
宝鐸とは、お寺の軒にぶら下がっている金属製の飾りです。この花の形から思い出してもらえるでしょうか。(2006年)

秋に熟した実の様子はこちらです。

ユリ科 Disporum sessile

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 ムレスズメ


いかにもマメ科らしい形の花が群れた雀に見えるのですが、その花の盛りを少し過ぎていたようです。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 サンタンカ


(2007年)

アカネ科 サンタンカ属  Ixora chinensis

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 フレンチラベンダー


(2007年)

シソ科 ラバンデュラ属  Lavandula stoechas

☆ページトップへ戻る☆



4月24日 トーチジンジャー


(2007年)

ショウガ科 ニコライア属 Nicolaia elatior

☆ページトップへ戻る☆



4月26日 マサキ


1月前半に
赤い実がなっているところを載せましたが、それとは別の木で葉の黄色みが強い株です。
蕾が出てきました。6月に花を見ることが多いのですが、これは少し早咲き系かもしれません。
マサキはウドンコ病がつきやすいのですが、これはとても健全に育っていました。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月26日 トウモクレン


モクレン類のなかでは花が一番遅いこと、それと株立ちになることがトウモクレンの特徴です。
シモクレンニシキモクレンとの区別に苦労していましたが、少しずつわかってきた感じがします。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月26日 カルセオラリア


(2007年)

ゴマノハグサ科 カルセオラリア属 Calceolaria

☆ページトップへ戻る☆



4月28日 マツバウンラン


名前を知らないときは、勝手にピョンピョングサと呼んでいました。地面から膝下くらいの高さまで、細い花茎がピョンと立ち上がります。
ゴマノハグサ科なので、仲間の
ムラサキサギゴケツタバウンランと似た花です。
ウンランは海蘭で、海に近いところに咲くそうですが、海まで150kmの志木でもこのとおりです。松葉は根元にだけつく葉が細いことを示しています。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月28日 ヤマグワ(クワ)


この木には雌花(入子写真)と雄花がついていましたが、別の木ではどうしても雌花が見つかりません。
なんと、桑は「雌雄異株『または』同株」なのでした。葉は左右非対称で、切れ込みがあったりなかったり、まったく不思議な植物です。
桑にはマグワとヤマグワの二つがあるのですが、葉の先端が一つの見分けポイントだそうです。写真の葉の先端は尖ってのびているので、ヤマグワとしました。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月28日 モチツツジ(花車)


この花の名前をどうしようか、ずいぶん考え込んでしまいました。「ハナグルマ」にしてしまうと、バラやガーベラにも同じ名前があって(競走馬までヒットしてしまいます)混乱しそうです。
ただ、モチツツジ(黐躑躅)というのは、萼がネバネバしますが、花はふつうのツツジと同じ形です。したがって、モチツツジの園芸品種という理解にしました。
なんだか鬱陶しい話になりましたが、深く切れ込んだ花は忘れられない特徴で、単純にきれいです。歩車道の分離帯に植栽されていましたが、強健な性質のようです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月28日 ツツジ


レンゲツツジに黄色種がある(キレンゲツツジ)のでそれかと思いましたが、ちょっと自信がありません。
ツツジの古書「錦繍枕」には「黄色なる花外になし」とか「一枝にあつまり咲きて」とあるそうで、その描写はあてはまるのですが、継続調査します。(2005年・東圓寺)

☆ページトップへ戻る☆



4月28日 ヒメシデコブシ(ベニコブシ)


山形市内での撮影なので、関東ではもう少し早い開花になるはずです。
シデコブシは比較的低い丈なのですが、このヒメシデコブシは2mほどの塀からこれだけ飛び出していました。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 シラン


名前というものは単なる記号ではなく、そのものの運命さえ左右する大切なものだ、という気がします。あまりに素っ気ないその名前のために、何かつまらなく感じて(あくまで主観ですが)いたシランです。
でも、漢字で書けば「紫蘭」と立派です。さらにこうしてアップで見ると、なかなか美しいではありませんか。
へーえ、花びらは「大」の字だったんだ、とか、白いフリフリがシャツの胸元のフリルそっくり、とか、あらためて見直してしまいました。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 シラー


水仙を丈夫にしたような葉のなかから太い茎がどーんと出てきて、その先端からたくさんの花が咲き出します。夏の花火を連想させます。
正確にはシラー・ペルビアナですが、シラーの代表選手みたいなので細かい名乗りはしなくても通用するみたいです(
ツリガネズイセンはシラー・ヒスパニカ)。和名だとオオツルボですが、例えられたツルボの方はかなりシックなので照れているかもしれません。(2005年)

Scilla peruviana

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 イタヤカエデ


日本で一番大きな葉のカエデです。この木の下にいれば板屋根の下にいるみたい、というのが名前の由来です。
若葉が出るときに真っ赤な株もありました。どちらの写真も花がついています。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 モッコウバラ


照りのある常緑の蔓と葉は丈夫で、どんどん伸びます。バラといっても棘がないので、枝の矯正も気楽です。
モッコウは木香と書き、キク科の多年草で生薬の原料だそうです。この草が持つ芳香に似ているというのが木香の名前の由来といいますが、残念ながらモッコウに出会えていません。
さて、そんな知識を頭に入れてくんくんしてみましたが、入子写真の黄色い花は香りません。本来の香る木香薔薇は白で、黄色はその変種(キモッコウバラ)です。
白い方はじつに爽やかな香りがしました。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 キリシマツツジ(ベニキリシマ)


キリシマツツジ、正確に言えばベニキリシマで、またの名は久留米躑躅です。
久留米藩で熱心に栽培されたそうで、小ぶりな花がびっしりつくものが多種多様にあるようです。
この写真のもののほか、
ダブル咲きの花(園芸種の久留米躑躅)にも出会いました。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 フウ


中国原産。モミジバフウと同じく大きな木です。赤みを帯びて展開した若葉が青々としてきました。
葉が3裂しているのが特徴です。(2005年・成)

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 バイカイカリソウ


花の形としてはこれがノーマルに近く、この左右に張った花びらが細く反って変化するとあのイカリソウになるのかな、と勝手な想像がわいてきます(あの尖りは距ですが)。
イカリソウとひとくちに言ってもいろいろ(トキワイカリソウはこちら、ホザキイカリソウはこちら)だと痛感しますが、葉のイメージはかなり共通です。(2007年)

メギ科 イカリソウ属 Epimedium diphyllum

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 ハナイカダ(雌花)


雌雄異株で、雄花に比べるとずいぶん地味な雌花です。(2007年)

これが結実して緑色にふくらんだ姿はこちら、雄株の開花の様子はこちらです。

ミズキ科 ハナイカダ属  Helwingia japonica

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 ヒイラギソウ


これがあのキランソウ(別名:地獄の釜の蓋)の仲間(シソ科キランソウ属)とは意外でした。
あんなモコモコ感はまるでなく、柊にたとえられた葉がとてもすっきりしています。(2007年)

シソ科 キランソウ属  Ajuga incisa

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 フタバアオイ


1カ月前の姿もとらえてありますが、それに比べると茎がスッキリと立ち上がってきました。
これを図案化したのがあの徳川将軍家の「葵の御紋」だというのですが、双葉を三ツ葉にしてしまうとは恐れ入ります。
たしかに、「ボタニカルアートじゃないんだから自由でしょ」と言われればそれまでですが、天下人がそんないい加減なことしていいんだろうか。
などというつまらぬ言いがかりはさておいて、あとひと月もすると白い小さな花をつけるというので、その追っかけが大切です。(2007年)

ウマノスズクサ科 フタバアオイ属 Asarum caulescens

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 シベリアヒナゲシ(アイスランドポピー)


ふつうはアイスランドポピーと呼んでいるものの、本名はシベリアヒナゲシのようです。
アイスランドとシベリアでは場所が全然違うじゃないかと思いつつ、要はえらく寒いところの植物なんだろうと納得です。
ふつうのヒナゲシと似たような時期に咲きますが、シベリアヒナゲシの花が少し大きめのようです。(2007年)

ケシ科 ケシ属  Papaver nudicaule

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 イチハツ


(2007年)

科属 

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 キケマン


(2007年)

科属 

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 クワガタソウ


クワガタとは兜の前立てのことです。
後世になると前立てもいろいろな形に工夫され、「愛」なんていうのも出ますが、義経さんあたりのシンプルなものが「鍬形」前立てです。
で、この2本の雄シベがその鍬形かと思ったらさにあらず、このあとに稔る実と萼片が名前のもとだそうで、再度の撮影が必要でした。(2007年)

ゴマノハグサ科 クワガタソウ属 Veronica miqueliana

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 ミツバツチグリ(八重)


ふつうは花が一重ですが、このように八重のものもあるようです。(2007年)

バラ科 キジムシロ属  Potentilla freyniana

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 ポドフィルム


(2007年)

メギ科 ポドフィルム属 Podophyllum peltatum

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 ツルウメモドキ(雌株)


(2007年)

ニシキギ科 ツルウメモドキ属  Celastrus orbiculatus

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 ツルウメモドキ(雄株)


(2007年)

ニシキギ科 ツルウメモドキ属  Celastrus orbiculatus

☆ページトップへ戻る☆



4月29日 


(2007年)ウスバサイシン

ウマノスズクサ科 ウスバサイシン属  Asiasarum sieboldii

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 ハゴロモジャスミン


これが咲いていた2週間ほどは、その香り、というより「匂い」に辟易しました。
「仕事していて一番アタマにくるのは、香水をプンプンさせてくる若い女」と言った女性タクシードライバーのことを思い出しました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 カナメモチ


春の緑のなかで
赤い葉っぱが目立ちます。
葉っぱに緑がきざすころ、こんなに花をつけました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 ナガミヒナゲシ


あちこちで見かけるようになりました。
長実というくらいですから、ポピーよりは実のサヤが長い(写真参照)です。でも、カリフォルニアポピーとかチューリップポピーの実は5センチ以上はありますから、命名が少し早とちりだったように思えます。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 トチノキ


台風が来るころに、
かわいい実を拾える「栃の木」ですが、花は連休ごろに咲きます。
高いところに花がつくので見過ごすかもしれませんが、樹下に小さな花が散り敷かれるので気づくと思います。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 ゲンゲ


ずっとレンゲソウと呼んできたので、標準和名「ゲンゲ」を採用するのに、いささかの抵抗がありました。しかも漢字にすると紫雲英です。今までの親しみが遠ざかる気がします。
と言うよりも、親しみは遠ざかっていた訳で、これを探すのにずいぶん苦労しました。
ようやく一枚の田を見つけて快哉を叫んでいたら、二日後にはひっくり返されてしまいました。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 スミレ


細長い葉、ひれのついた葉柄、単純な菫色、どうやらこれがスミレです。
○○スミレとバリエーションの多いスミレ類(日本には50種程度)ですが、これが一番の基本種(少なくても名前的に)でしょう。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 サンショウ


山椒は小粒でピリリと…、のサンショウ(の花)です。葉をこするとまさしくあの香りです。
この花が実になると鰻用、葉はこのままで田楽用、材はすりこぎ用、と大変に働き者です。(2005年)

結実した様子は
こちら、それがふくらんで少し色づいた姿はこちらです。

ミカン科 Zanthoxylum piperitum

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 ヨドガワツツジ


農家のお庭で不思議な花を発見。バラかと思ったらさにあらず、葉はまさしくツツジ、花びらもツツジそのものの柔らかさです。
八重咲きですが、花びらの立ち上がり部分が重層化しています(右下の花)。次(↓)にあげたクルメツツジはそれをシンプルに二重にした感じです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 クルメツツジ


上(↑)の八重ツツジを見てからだと驚きませんが、知らずにこれだけ見るとかなりの不思議です。二重咲きとでも言えばいいのでしょうか。
この木の脇には名札があり、何の説明もなく「クルメツツジ」とありました。
クルメツツジは、標準和名としては「キリシマ」ですが、こういう園芸種はあえて久留米躑躅と呼んで差し支えないのでしょう。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 シラユキゲシ


去年はじめて知った花ですが、縁あってウチで鉢植えを育てることになりました。
冬を越して、ハート型の特徴的な葉が1株から5枚ほど展開し、真んなかから蕾があがってきました。開花の日には花茎がグーンとのびるので、葉も写し込もうとすると難儀な被写体です。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 エノキ


身近な木なので、開花若い実と葉、その実の色づきとマメに撮影してしまいます。
もののついでにこんな気持ち悪い一枚も撮ってしまいました。エノキトガリタマバエの虫こぶです。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 マグワ


桑にはマグワとヤマグワがあるとは知っても、身近に見るのは葉の先が尖ったヤマグワばかりでした。
桑を見つけるたびに葉を確かめていたら、ついに発見です。葉は変異が大きいので、これが本当のマグワかどうかの不安は残りますが、とりあえず見えるところの葉はすべて尾っぽなしでした。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 ナニワイバラ


(2007年)

バラ科 バラ属  Rosa laevigata

☆ページトップへ戻る☆



4月30日 シュンギク


(2007年)

キク科 シュンギク属  Glebionis coronaria

☆ページトップへ戻る☆



■ 1月前半 ■ 1月後半 ■ 2月前半 ■ 2月後半 ■ 3月前半 ■ 3月後半 ■ 4月前半 ■ 5月前半 ■ 5月後半 ■ 6月前半 ■ 6月後半 ■ 7月前半 ■ 7月後半 ■ 8月前半 ■ 8月後半 ■ 9月前半 ■ 9月後半 ■ 10月前半 ■ 10月後半 ■ 11月前半 ■ 11月後半 ■ 12月前半 ■ 12月後半 ■ ページトップへ戻る


■ MENU画面  ■ 草木365日(増補版)  ■ はたざくら(長勝院旗桜)  ■ 猫やメダカやお酒、その他  ■ おーなーずるーむ