■ 10月前半

■ 1月前半 ■ 1月後半 ■ 2月前半 ■ 2月後半 ■ 3月前半 ■ 3月後半 ■ 4月前半 ■ 4月後半 ■ 5月前半 ■ 5月後半 ■ 6月前半 ■ 6月後半 ■ 7月前半 ■ 7月後半 ■ 8月前半 ■ 8月後半 ■ 9月前半 ■ 9月後半 ■ 10月後半 ■ 11月前半 ■ 11月後半 ■ 12月前半 ■ 12月後半
■ <草木365日> ■<植物名検索> ■<逆引き・植物名検索>


☆目当ての草木を探しやすくするため、「草の部」と「木の部」に分けてありますが、草木いずれともしにくいもの(例:クレマチスやチェリーセージ)は両方にサムネイルがあります。そのため、ページの掲載総数とサムネイル数は合致しません☆
☆新しく掲載した草木は、そのタイトル(日付・植物名)がオリーブ色になっています☆

■ 草の部 ☆日付の浅い順に並んでいます☆ ☆サムネイルをクリックすると、その掲載日付箇所へ移動します☆

■ 木の部 ☆日付の浅い順に並んでいます☆ ☆サムネイルをクリックすると、その掲載日付箇所へ移動します☆


10月1日 クサギ

8月に掲載したも不思議な姿でしたが、実はもっと奇妙奇天烈です。
いったい何のためにこんなに目立たなくてはいけないのでしょう。この青い実は、紺色の染料になります。つぶすとすごい青色です。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



10月1日 シュウメイギク


秋明「菊」ですが、分類としては菊とは関係なく、キンポウゲ科です。蕾の感じがキンポウゲに似ています。
ハナミズキなどと同じで、花びらに見えているのはじつは萼です。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



10月1日 アカマツ


光の具合があまりに素敵でした。宝幢寺の門前の松です。
赤松を載せたので、11月には黒松を載せておきました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



10月1日 アゼガヤツリ


金鋸の刃のように薄くて鋭い小穂が特徴です。
畦に多いからついた名前でしょうが、もう少し湿度の少ない農道端で見かけます。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月1日 キクイモ


キクイモとイヌキクイモの区別はむずしいのだそうですが、根茎の有無(大小)と開花の時期は明らかに違うような気がします。
イヌキクイモにひと月も遅れて咲き出し、この時期にはちゃんと芋もついているので、これはキクイモとしておきます。
ただ、10枚以上とされている舌状花が8枚しかないのがやや気がかりです。(2005年)

<補注> 売られていたキクイモ(の根茎)を確認したら、色や形がちょっと違っていました。
したがって、自分で掘ってみたこれはイヌキクイモだった疑いも出るのですが、根茎が充実する時期ではなかったので即断ができません。
参考の記録として、タイトルと記事は従前のままにしておきます。(2015年1月14日)

☆ページトップへ戻る☆



10月1日 コブシ


朱色の実(種)が白い糸を引いて垂れ下がる…図鑑にはたいてい書かれているこの説明どおりの絵を撮ることができました。
種を引っ張ると、糸はミヨーンとのびてきます。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月1日 クジャクソウ(ピンク)


孔雀というからには派手な色合いでいいのでしょうが、物には限度が必要です。
一つひとつの花を見るのではなく、ひと株全体の豪華さが見どころなので、シロクジャクの方が景色としては引き立つようです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月1日 オギ


川原が一面に白く波打って光っていました。
オギはススキとよく似ているのですが、白い穂を見かけるたびに「あれはどちら?」と考えるので、頭の体操になります。印象的には、オギの穂の方が白さがまさるようです。
また、オギの方が水辺の近くに育ちます。さらに、ススキは1カ所(株)から放射状にのびますが、オギは写真のように茎同士が平行です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月1日 ソラヌム


いけ花の素材で見かけますが、名前を知りませんでした。
調べてみたらナス科でソラヌム、あれまあ、あのソラヌム・ラントネッティとお友達だったんですか。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月1日 シュウメイギク(ピンク)


本命はやはりだと思うのですが、これはこれできれいだなあと簡単に感動してしまいます。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月1日 タイサンボク


8月の末に実がついているのを見つけたのですが、全部が全部成長するわけではなく、だんだん数が少なくなっています。
はめ込みにした写真は12月末のもので、種が落ちかけていますが、この木に残ったのはこれ一つだけでした。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月1日 ソバ


ソバ畑が真っ白できれいな季節です。新蕎麦が待ち遠しくなります。
蕎麦は信州とか有名どころがありますが、これはそういう遠方ではなく、近所の蕎麦屋さんの脇にある小さな畑です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月1日 ウスギモクセイ


10月と言えばモクセイ類の「あの」香りです。まだ蕾のうちからあれだけプンプンするというのもなかなかの自己主張です。
しかし、写真の木は心なし穏やかな香りでした。このあたりのキンモクセイギンモクセイはまだ開いておらず、開花一番のりの木です。
金でないのは明らかですが、銀か薄黄かが少し自信ありません。葉が銀ほど大きくないので、ここでは一応ウスギモクセイとしておきます。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月1日 サンショウ


山椒は小粒でもピリリと辛い、というフレーズは有名ですが、その小粒のサンショウが結実する様子を知っている人は案外に少ないのではないでしょうか。
青い実だったときは目立ちませんが、こう色づくとじつにきれいなものです。それが完熟して割れると、さらに注目の色合いです。
で、前述の「小粒」を思い起こすと、この黒い種こそがあの「ピリリ」の元と誤解しがちですが、これはヒリともしません。あのパンチの正体は、じつはこの赤い皮です。(2006年)

ミカン科 Zanthoxylum piperitum

☆ページトップへ戻る☆



10月2日 クジャクソウ(白)


一叢が咲き誇った様子は、確かに孔雀が羽を開いたかに見えます。
ピンクや紫の花の株もあるので、この白い種類を特別にシロクジャクと言ったりするようです。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



10月2日 タイワンホトトギス


9月にもタイワンホトトギスを載せてありますが、そちらが青みの強い花なのに対してこちらは模様がかなり派手めです。
花柄が分岐して複数の花をつけるのがタイワンホトトギスですが、在来のホトトギスとも混じったりして、いろいろ種類はあるようです。(2004年)

ユリ科 Tricyrtis formosana

☆ページトップへ戻る☆



10月02日 ピンクマンジュシャゲ


このタイトルは、シロバナマンジュシャゲにあやかった仮名です。
これが何か由緒正しい種類なのか、あるいは自然勝手に交配した雑種なのか、まだ調べきれていません。
土手の斜面で、アレチウリに絡まれながら咲いていました。4〜5株ずつ散在して、10mくらいの範囲はすべてこの感じのピンクでした。
ヒガンバナが色あせしただけに見えなくもありませんが、花びらのカールがほとんどないので、本来的に違う種類には思えます。リコリス・インカルナタという線も考えましたが、そんな園芸種にしてはちょいと放置されすぎです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月6日 キンモクセイ


町中に香りをふりまいた1週間でした。
9日の台風22号で、一気に花が散ってしまいました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



10月6日 キツネノマゴ


小狐の尻尾のような苞が、とても愛らしい姿です。
直径5ミリほどの小さな花は、この苞から次々と咲きます。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



10月6日 シャリンバイ


まるでブルーベリーみたいな実です。
今年だけの現象なのか、春に咲く花が実の横で開いていました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 ギンモクセイ


徘徊範囲ではこの1本しか知らない、ワタシの中では貴重な「銀」木犀です。
小さく白い、写しにくい条件がそろっているので、撮影には苦労しました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 ハナミズキ


秋の装いをはじめたハナミズキです。ギボシ型の来年の花芽もしっかりついています。
似た種類のヤマボウシやミズキの葉はまだ青いし、ハナミズキは紅葉のトップランナーですね。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 アツバキミガヨラン(ユッカ)


厚葉君が代蘭です。別名のユッカは属名であり、仲間の「青年の木」もユッカと呼ぶので混乱しそうです。
葉がとても硬くて頑丈です。先端は鋭く、体に刺さるとエライことになります。(2004年)

リュウゼツラン科 キミガヨラン属  Yucca gloriosa

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 アキギリ


桐の花に似ていて秋に咲くから、という名前ですが、命名者はかなり大雑把な人だと思います。桐とはあまりにもサイズが違います。
花も花穂も、まさにシソ科そのものです。でも、じゃ自分で名付けてごらん、と言われたら、むむ、アキギリでしょうか。(2005年)

キバナアキギリというのもあります。

シソ科 Salvia glabrescens

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 ダチュラ(八重)


黄色の一重だと、まさに天使のトランペットという別名がぴったりなのですが、これでは何やら悪魔の風鈴みたいです。
後ろに見えている実は、さしずめ魔女の肉叩きでしょうか。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 イヌサフラン


かなり丈夫な性質のようで、このように押しくら饅頭状態で咲いているのを見かけます。咲く時期や花の形はサフランに近いのですが、この丈夫さが「イヌ」呼ばわりされるゆえんでしょう。
ふつう、「イヌ」とつくのは無用の意味に近いのですが、このイヌサフランは痛風の薬になる立派な有用植物です。
名前を借りたサフランの方は葉が花に伴って出るのに対し、イヌは葉を伴わずに咲きます。サフランはクロッカスの仲間なのに対し、イヌサフランはコルチカム属なので、他人の空似的な二人です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 カリガネソウ


カリガネは雁(がん)のことで、語源は「雁(かり)が音(ね)」だったと聞くと、ガンとカリって結局は同じものらしいですが、面倒なことです。サルビアとセージのことを思い出してしまいます。
そんなことよりも困るのは、これがどうしてもガン(でもカリでもいいんですが)に見えないこと。ためつすがめつ眺めて見るんですが、せいぜい火の鳥くらいにしか見えません。想像力の欠如でしょうか。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 クリ


あまり説明はいりませんね。
これとは別の木ですが、花はこんなでした。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 クロマイ


いわゆる古代米には赤米と黒米があるようですが、この黒の方は中国皇帝が食したというのがセールスポイントです。そういう目で見ると、黒々した穂が高貴に見えます。
もっとも、黒米はふつうのお米に少しだけ混ぜて炊くのだそうで、それなら皇帝さんでなくとも常用可能です。ぱそ疲れした目は黒米のアントシアニンで癒してあげましょう。
はめ込み写真は1カ月後の刈り取り間近の様子です。(2005年)

これが緑米である可能性も出てきて、継続調査中です。(2006年)

イネ科 

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 ムラサキバレンギク


バレンって、てっきりあの版画摺りに使う竹皮の丸いやつと思ったら、これが大違い。版画は馬連でこちらは馬簾、火消しの纏についているヒラヒラのことでした。
なぜそんな勘違いをしたかというと、この花は50cmほどの背丈で、つい上からだけ眺めたからです。写真もその角度からのものです。花芯が馬「連」に見えたのです。
馬「簾」に見えるためには、垂れ下がる花びらを横から眺めないといけないのでした。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 サンザシ


この実のドライフルーツ(といっても、棒状に加工したもの)、酸っぱさと甘さが絶妙で、大好きです。
健胃・整腸の薬効があるので、テーブルにいつも置きたいのですが、ときどき品切れになってしまいます。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 シモバシラ


冬に氷の襞を装った姿をはじめて見かけたときから、この花を楽しみにしてきました。
冬枯れの茎から命名されてしまうなんて、どんな寂しい花かと思ったら、意外に賑やかです。この白い姿を霜柱に見立てたと言われても信じてしまいそうです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 シャクチリソバ


ふつうのソバは10月1日に載せていますが、これはその仲間です。
シャクチリは漢字では赤地利とするようですが、どうも原産地(中国)の音をそのまま表記したようです。
ソバとは違って食用ではなく、根を薬用にするそうです。しかし、可憐な蕊を持つ花はソバより愛嬌があって、鑑賞用になりそうです。
また、葉はイシミカワを思わせる三角形です。茎がやや赤みを持つことがあるのも似ていて、従姉妹関係くらい(タデ科)であることがわかります。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 アシ


アシ(葦)では縁起が悪いから「ヨシ」にしようと決めたほど、昔の生活には密着していた植物なのでしょう。
たしかに、徳利や皿などの生活雑器にこの図柄を見ます。
鯉のぼりのように一定間隔で平行に並ぶ葉が特徴です。(2006年)

イネ科 Phragmites australis

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 イヌビワ(ホソバイヌビワ)


5月の末には「」だったはずの偽果が、秋になってここまでふくらみました。(2006年)

クワ科 Ficus erecta forma sieboldii

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 マルバフジバカマ


なにやらモジャモジャとした花をよく見ると、小さな筒状の花からピラピラと雌シベがのび出しています。この構造がいかにもフジバカマの仲間です。
外来種で、箱根以東で広がっているのだそうですが、一株がかなりダラダラと大きくなって強そうです。
しかし、藤を名乗るにはちっとも紫みがなく、しかも丸葉ときました。どう見ても葉先は尖っていますが、これは本来のフジバカマ(深裂)との比較だそうです。秋の風情もやや薄らいでしまいます。(2006年)

キク科 Eupatorium rugosum

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 ナワシログミ


グミは漢字も厄介ですが、種類にもなかなかてこずります。漢字の方は茱萸または胡頽子、漢検を受ける気はないので、苦笑いして見なかったふりです。
しかし、一応は草木を趣味としてしまった以上、種類の方は逃げるわけに行きません。ナツアキ、ツル、トウとグミはいろいろです。
ナツとアキはすでに押さえましたが、ナワシロの花を初めてとらえました。咲いてすぐ実になるナツ・アキと違い、来年の苗代どきまでじっくりと熟す苦労人型のグミです。(2006年)

グミ科 Elaeagnus pungens

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 オオヤマレンゲ


コブシのそれによく似た実がぶらさがっていました。(2006年)

モクレン科 Magnolia sieboldii

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 リンドウ


リンドウというと、自分はまず太い茎に青紫の花をビッシリつけた枝ぶりを思い出してしまうのですが、あれは花屋の商品であって、野路で出会うものはかなり控えめな佇まいです。
花屋のものはたぶんエゾリンドウの系統と思いますが、リンドウと称しても嘘ではないということでしょう。
晴れた日だけ咲くので、この花を見た野歩きの思い出はいい天気と重なります。この写真も陽射しが強すぎたので色が飛んでいますが、そういう理由なのでご勘弁です。(2006年)

11月後半にもリンドウを載せていますが、雰囲気が少し違います。

リンドウ科 Gentiana scabra var. buergeri

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 スプレーギク


大輪の菊を花火の尺玉にたとえるならば、このスプレーギクという種類はスターマインにあたるでしょうか。あたかも盛大な連発花火が空を埋めるように、株元を隠す勢いで小花が咲きそろいます。
スプレーとは、多軸になった茎の先で花が展開する様子をあらわしているようです。(2006年)

キク科 Chrysanthemum morifolium

☆ページトップへ戻る☆



10月7日 ユウゼンギク


十五夜を過ぎると、さすがに秋色が深まる気がします。友禅菊の紫が、日本の秋を美しく染めてくれます。
などと気障に決めようと思ったら、じつはこれ、北米原産というではありませんか。なのにどうしてこんな和風の名前を…、と突っ込んだら、命名は牧野博士だそうで、どうもスミマセン。
ニューヨークアスターという別名を持つ国際派(?)で、世界は一つ、植物はみな兄弟です。(2006年)

キク科 Aster novi-belgii

☆ページトップへ戻る☆



10月8日 ワタ


いわゆる綿として使うには、これにいろいろ手を加えるのでしょうが、なんだかこのままでも十分にフワフワです。
真夏に咲くは、アオイやオクラと見分けにくい、あまり特徴のないものでしたが、こうやって実がはじけると存在感十分です。
中には豆粒のような種があり、綿繊維がそれを包んでいます。フウセントウワタガガイモの綿毛は種を風に乗せるものでしたが、ワタの場合は保護材の役目のようです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月9日 イチョウ


ここまで熟すと、例の匂いを放ち始めます。
秋もたけなわというところでしょうか。(2005年)

折々のイチョウの様子はこちらです。  若葉 若い実 黄葉

イチョウ科 Ginkgo biloba

☆ページトップへ戻る☆



10月9日 クズ


クズは漢字では葛と書きますが、もしかしたら本当は「屑」だったのではあるまいかと思うほど野路を埋め尽くすときがあります。
それこそが風邪薬になる旺盛な生命力の証なのでしょうが、花後の種もこんなにビッシリとつきました。次々咲いたのとおりに実がつながっています。
で、葛の語源問題なのですが、屑説はワタシの妄想でした。古事記の時代から、奈良県吉野町の国栖(くず)でクズ粉を作って朝献していたそうで、地名が由来なのでした。(2006年)

マメ科 Pueraria lobata

☆ページトップへ戻る☆



10月9日 オオバコ


自分が子供のころはどこにでもあった気がしますが、今はヘラオオバコに押されてめっきり見なくなりました。(2006年)

オオバコ科 Plantago asiatica

☆ページトップへ戻る☆



10月9日 スカシタゴボウ


姿の似たイヌガラシとどちらだろうかと迷いますが、葉に切れ込みがあるのでスカシタゴボウとしておきます。(2006年)

アブラナ科 Rorippa islandica

☆ページトップへ戻る☆



10月9日 タウコギ


先日までコナギで賑わっていた休耕田にタウコギが目立ち出しました。やや無骨な太さの茎が脛の高さほどにのびて、その先にセンダングサと感じの似た黄色い小花をつけます。
タウコギは田五加(木)と書くので、田+五加と想像できます。ところが、その五加がまったくわかりません。
ウコギ科の落葉低木とありますが、載せている図鑑やサイトは多くはないようです。5枚の掌状複葉はかなり特徴的なので、ぜひ早く見つけてここに紹介したいものです。(2006年)

キク科 Bidens tripartita

☆ページトップへ戻る☆



10月9日 チカラシバ


昔は道の真ん中で人馬の踏みつけに耐えていたチカラシバが、今はこうして土手の斜面でヌクヌクと生育しています。
しかし、チカラシバにすれば、拠って立つべき往来はアスファルトで覆われてしまい、やむなくの避難かもしれません。(2006年)

イネ科 Pennisetum alopecuroides

☆ページトップへ戻る☆



10月9日 ツルマメ


大きさは枝豆の半分くらいですが、味はけっこう似ています。(2006年)

マメ科 Glycine soja

☆ページトップへ戻る☆



10月9日 チョウジタデ


田んぼの中で真っ赤に色づいて、とても目立ちます。(2006年)

アカバナ科 Ludwigia epilobioides

☆ページトップへ戻る☆



10月9日 ヤブタバコ


江戸初期までの名前は猪尻草(いのしりぐさ)だったそうで、そう言えば花の様子が猪のウリ坊のお尻に見えなくもありません。
そんなかわいい名前が、タバコが普及するにしたがって煙たいものに変わってしまうのだから迷惑な話です。(2006年)

キク科 Carpesium abrotanoides

☆ページトップへ戻る☆



10月10日 コムラサキ


これをふつうはムラサキシキブと呼んでいますが、正確にはほとんどがコムラサキのようです。
ホント?のムラサキシキブは、ワタシが観察中のものはまだ実が色づいていません。丈は大きいのですが、実はややまばらで、案外につましい姿をしています。(2004年)

花は夏に咲きます。

☆ページトップへ戻る☆



10月10日 タカノハススキ


妙にこれが気に入っています。斑の入り方が好きなのだと思います。
ススキとオギの見分けがむずかしいのですが、これだと正真正銘ススキなので安心?というのも理由かもしれません。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



10月10日 ヤブツバキ


7月に赤い実を見つけましたが、ついに割れました。
あんなに固かったのに、時期がくればあっさりパッカリです。中から黒い種がこぼれます。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



10月11日 ガマズミ


近所で見つけたので驚きました。山とか高原でしか見れないものと思っていました。
この実のおかげでこんな近くにガマズミがあることを知ったので、今までノーマークの木です。来春の花の撮影が楽しみです。(2004年)

春の花はこちら、紅葉の様子はこちらです。

スイカズラ科 Viburnum dilatatum

☆ページトップへ戻る☆



10月11日 スイレン


夏に取り上げるべきだったかもしれませんが、偶然に見かけて撮った一枚がモネの絵みたいになったので、つい…。
住宅地の一角の池(というか沼)です。昔はあちこちにこんな水場があったのですが、どこも埋められて、珍しくなりました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



10月12日 タチバナモドキ


鳥さんたちが大好きなので、食べられる前に撮りました。やや未熟気味かもしれません。
赤い実が「標準」だと思いますが、こちらは色違い。タチバナモドキとかトキワサンザシが別名です。バラ科ですが、花のときを見ていませんでした。(2004年)
上で取り消した部分はかつての誤解の痕跡です。これはトキワサンザシ(ふつうの赤い実のピラカンサ)とは別物(Pyracantha angustifolia)のタチバナモドキで、かつてはその二つを一緒のものと思っていたのでした。(2016年10月24日)

☆ページトップへ戻る☆



10月12日 イスノキ


イスノキといえば、あの笛になる虫こぶと最初にお近づきになり、その次に真っ赤な花を知りました。
花が咲けば実がなるのは道理でしょうが、こういうものとは知りませんでした。これでどうやらひと通りのお付き合いをしたようです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月12日 ポポー


30数年ぶりで再開したこの木のは5月に紹介しましたが、じつはその後に悲しい事件がありました。花はちゃんと結実したものの、すぐに実はなくなってしまったのです。
がっかりしていたのに、神のご加護でこんな立派な実に出会うことができました。
もちろん、あの木と今度の木は別物です。前の木なら、食べごろにちょいと失敬できる場所にあったのですが、こっちは自由がききません。心残りです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月12日 シロウメモドキ


ふつうのウメモドキは5月末に薄紫の花が咲いて秋に真っ赤に実が熟すのですが、シロの方はどちらも白(実はやや黄)です。しかも、花と実を一緒に見ることができました。
標準的には花は初夏に咲くらしいので、もしかしたら狂い咲きかもしれません。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



10月13日 ホトトギス


タイワンホトトギスヤマジノホトトギスから遅れること半月、ようやく正調ホトトギスが咲き出しました。
今や手近に見られるものはほとんどがタイワンと言ってもいい状態で、別に国粋主義ではないのですが淋しい気持ちにはなります。そんな意味から、自分としてはこの写真はちょいとしたお宝画像です。
花びらの開き方はタイワンと同じ杯状ですが、花柄が分岐しないのが正調ホトトギスの見分けポイントです。写真のように、葉腋1箇所に幾本かの花を次々と咲かせます。(2006年)

ユリ科 Tricyrtis hirta

☆ページトップへ戻る☆



10月13日 オタカンサス


ウチの玄関脇に植えた、この秋のニューフェイスです。花屋さんで苗を買いました。
いわゆる秋の定番ものと違って、今回初めて見た気がします。気むずかしいかと思ったら、何のこともなく、順調に育っています。
問題といえば唯一その名前でしょうか。ブルーキャッツアイという如何にもいかにも的な園芸名では照れくさいのですが、オタカンサスという本名もなかなか口になじみません。(2006年)

ゴマノハグサ科 Otacanthus caeruleus

☆ページトップへ戻る☆



10月14日 ラカンマキ


イヌマキラカンマキの区別が今ひとつハッキリしなくて困っていました。
分福茶釜で有名な茂林寺に行ったら、境内に立派な説明板が添えられた大木がありました。
これなら由緒正しいラカンマキでしょうから、今後の見分けの基準にしようと思います。(2006年)

マキ科 Podocarpus macrophyllus var. maki

☆ページトップへ戻る☆



10月15日 アキノキリンソウ


アキノキリンと聞いて、アフリカのキリンや中国の麒麟に季節は関係あるのかと不思議に思っていました(赤面)。
ここでいうキリンは、キリンソウの黄輪だと知ってナールホドです。(2006年)

キク科 Solidago virga-aurea

☆ページトップへ戻る☆



10月15日 ツリフネソウ


このツリフネソウの生息地を見つけたのは一昨年の9月でした。あれから2年、株数が増え、生育の面積も少し広がっていました。
その勢いの原動力が、たぶんここに写っている種です。花を一緒に入れたのでまだ若い実ですが、早くに成ったものはちょっとした枝豆くらいはありました。
ところでこの釣舟の名ですが、前は「花を舟に見立てる」としつつ、どうも腑に落ちませんでした。今回、「釣舟という花器に似るので」という説を見つけ、ようやく得心です。(2006年)

ツリフネソウ科 Impatiens textori

☆ページトップへ戻る☆



■ 1月前半 ■ 1月後半 ■ 2月前半 ■ 2月後半 ■ 3月前半 ■ 3月後半 ■ 4月前半 ■ 4月後半 ■ 5月前半 ■ 5月後半 ■ 6月前半 ■ 6月後半 ■ 7月前半 ■ 7月後半 ■ 8月前半 ■ 8月後半 ■ 9月前半 ■ 9月後半 ■ 10月後半 ■ 11月前半 ■ 11月後半 ■ 12月前半 ■ 12月後半 ■ ページトップへ戻る


■ MENU画面  ■ 草木365日(増補版)  ■ はたざくら(長勝院旗桜)  ■ 猫やメダカやお酒、その他  ■ おーなーずるーむ