■ 12月後半

■ 1月前半 ■ 1月後半 ■ 2月前半 ■ 2月後半 ■ 3月前半 ■ 3月後半 ■ 4月前半 ■ 4月後半 ■ 5月前半 ■ 5月後半 ■ 6月前半 ■ 6月後半 ■ 7月前半 ■ 7月後半 ■ 8月前半 ■ 8月後半 ■ 9月前半 ■ 9月後半 ■ 10月前半 ■ 10月後半 ■ 11月前半 ■ 11月後半 ■ 12月前半
■ <草木365日> ■<植物名検索> ■<逆引き・植物名検索>


☆目当ての草木を探しやすくするため、「草の部」と「木の部」に分けてありますが、草木いずれともしにくいもの(例:クレマチスやチェリーセージ)は両方にサムネイルがあります。そのため、ページの掲載総数とサムネイル数は合致しません☆
☆新しく掲載した草木は、そのタイトル(日付・植物名)がオリーブ色になっています☆

■ 草の部 ☆日付の浅い順に並んでいます☆ ☆サムネイルをクリックすると、その掲載日付箇所へ移動します☆

■ 木の部 ☆日付の浅い順に並んでいます☆ ☆サムネイルをクリックすると、その掲載日付箇所へ移動します☆


12月16日 キダチアロエ

葉は食べてよし・塗ってよし、「医者いらず」と言われるほどのお役立ちさんなのに、冬枯れの時期には花まで見せてくれる芸達者なキダチアロエです。
ふつうにアロエというとこの種類のようです。茎が長く立つから「木立ち」アロエ、そういえばアロエベラだとほとんど根元に葉が密集しますね。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月16日 ガガイモ


花が咲いたのは8月でしたが、その後に駆除されてしまい、志木では結実まで見届けられませんでした。
その後、幸運にも池袋でこの株を見つけ、ついに「草パンヤ」の異名のもとになる姿になるまで確認できました。フウセントウワタとよく似ています。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月16日 シャコバサボテン


蝦蛄(しゃこ)の形をした葉は、本当は葉ではなく茎だそうで、そうすると葉はどこ?となりますが、サボテン科だから葉らしい葉はないのでしょう。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月16日 レースラベンダー


ラベンダーと言えば夏のイメージでしたが、あの香りの強いのはイングリッシュ系でこちらはレース系、花の時期が違うようです。
細かく切れ込んだ葉がレースをイメージさせます。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月17日 スキヤワビスケ


ワビスケにもいろいろ種類はあって、なかなか覚えられませんが、この花の形は独特です。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月17日 ネメシア・メロウ


5月には自分でオレンジと白の2種類のネメシアを育てたのに、季節が違い過ぎて同じものとは気がつきませんでした。
このまま冬を越しそうな元気者はネメシア・メロウという宿根品種でした。(2006年)

ゴマノハグサ科 Nemesia caerulea

☆ページトップへ戻る☆



12月18日 コシロノセンダングサ


センダングサにはいろいろ種類がありますが、これは花びらが大きいのでコシロノセンダングサのようです。
花びらがはっきりしないコセンダングサは10月に掲載してあります。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月18日 ジュウガツザクラ


春とこの時期に二度咲くジュウガツザクラです。名前のとおり10月下旬から咲くと言いますが、今年は名前よりは遅かったのかもしれません。
冬の花は春に比べて小さいようですが、八重なのでけっこう見栄えがします。(2004年)

バラ科 Prunus×subhitella cv. Autumnalis

☆ページトップへ戻る☆



12月18日 ヤブコウジ


林のなかで下生えになっていました。
山橘という雅名もありますが、万両〜一両シリーズでは下から二番目の十両にこれをあてます。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月18日 アオキ


軽く斑の入った種類は12月10日に掲載しましたが、ほぼ原種と思われる素っ気ないものを見つけたので、再度の登場です。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月18日 ノイバラ


漢方ではこの実を「営実(えいじつ)」と呼んで利尿剤や下剤にするそうです。
花は比較的地味で、今年は撮影していませんでした。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月18日 ススキ


ススキといえば十五夜を連想しますが、年の暮れになってもまだまだきれいなものです。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月18日 キリ


今は実が割れる時期で、折からの強風でときどき飛び散らかされる種が吹雪のようでした。
そんな、種を覗かせたりすでに空になったりの実の上方には花芽もしっかり揃っています。まだまだ硬くて小さな蕾ですが、初夏にはあの大きな花になる希望の塊りです。(2005年)

ゴマノハグサ科 Paulownia tomentosa

☆ページトップへ戻る☆



12月18日 スイカズラ


先日、花瓢箪木(ハナヒョウタンボク)の美しい実に出会い、それがスイカズラの仲間だと知って、本家の方を確認に出かけました。
なるほど、確かに2個セットです。派手な花瓢箪木の実と違いこんなに無愛想ですが、花が金銀で実が漆黒…と通年で考えると、それはそれで桃山調の美を感じさせるところもありそうです。(2005年)

スイカズラ科 Lonicera japonica

☆ページトップへ戻る☆



12月18日 ヒイラギ


たぶんヒイラギの写真としては11月前半に掲載しているものの方が適切でしょう。実際、今度の木に会ってから帰宅して、ヒイラギと信ずるまでには手間取りました。
4mもある樹高、盛大に広がった樹形、豪華過密な花つき、どれも今まで知っていたヒイラギを超えています。さらにこれだけの老木になると、ヒイラギのシンボルである葉のギザギザもすっかり影をひそめています。(2006年)

モクセイ科 Leiognathus nuchalis

☆ページトップへ戻る☆



12月18日 フユザクラ


冬桜は1月にも掲載してありますが、少しわびしい姿でした。今度の木は少しは華やいだ佇まいです。
こういう珍種も、探してみれば意外に近くにあって、これは旧家の庭先を飾っていました。全体の花蕾の3割ほどがこの時期に開き、残りは春に咲くと言います。
一重の5弁で花柄が短いのが冬桜ですが、半八重の十月桜や、もっと花弁が込み入る子福桜もこの時期に花開いています。(2006年)

バラ科 Prunus × parvifolia

☆ページトップへ戻る☆



12月18日 シキザキホソバアカシア


そこだけに春が来たように、黄色いボンボリが華やかでした。近づくと、さわやかな香りが淡く漂います。
葉もインパクトがあります。1p少々の細さなのに30〜40pもの長さがあり、伸び伸びと風にそよいでいます。
アカシアの名は、ニセアカシアのおかげで混乱しますが、ギンヨウアカシア・フサアカシア・ムクゲアカシアなど、黄色い花の一群が本来のアカシア属です。
しかし、この黄花群にはアカシアよりもミモザの俗称が似合ってしまうので、混乱を深めてくれています。(2006年)

マメ科 

☆ページトップへ戻る☆



12月18日 ユキヤナギ


ふつうは年を越してからチラホラと咲き出す小花ですが、今年は年の内から紅葉を従えて紅白でめでたい開花です。
枯れ切った枝に花がつき、それを追って新緑が芽吹くのがユキヤナギの美しさと思っていましたが、さて紅葉との組み合わせはこれからの新しいスタイルとなるのでしょうか。(2006年)

バラ科 Spiraea thunbergii

☆ページトップへ戻る☆



12月19日 キンカン


柑橘類の見分けはむずかしいのですが、キンカンとユズは大丈夫です。
甘露煮にした金柑は正月のお重に入っていたりしますね。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月19日 マユミ


マユミには、実の殻が白いもの・赤いものと、この写真のようにピンクのものとがあるようです(ワインみたい)。
は10月後半に、は11月前半に収録しました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月22日 ミニバラ


この夏、園芸店で処分品として1株100円で買ったミニバラです。
植えてからはほぼ放置状態でしたが、ここに来てこれだけ花を見せ続けてくれています。
矮性でまとまりがいいし、花が緑色(品種名:グリーンアイス)というのが気に入っています。どうやら「緑→ピンク→白」と花色が変化するようです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



12月22日 キンメイモウソウチク


青山の梅窓院というお寺のキンメイモウソウチクの植え込みです。
孟宗竹の変異種だそうで、金と緑の格子柄以外はサイズも雰囲気も孟宗竹そのままです。
この格子柄、金色の方が地で、緑部分が模様だと言うのですが、少し不可解です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



12月23日 クチナシ


実が完熟していました。
果肉をつまんだ指が、ヨードチンキ色に染まりました。洗ってもすぐにはとれません。
は5月後半に、熟し始めた実は11月前半に収録してあります。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月23日 ソヨゴ


モチノキ科らしい佇まいですが、実の柄が長いのが特徴です。
風が吹くと葉がカシャカシャと鳴るので、ソユグ→ソヨゴとなったそうですが、なんとなく情緒のある名前です。火にあぶるとこの葉がプックリ膨れるので、岡山を中心にフクラシバという呼び方もあるようです。(2004年)

ソヨゴは漢字だと「冬青」とあてますが、これをお名前にいただいた女性がいらっしゃることを教わりました。
冬なお青い葉のように、と願う親御さんのお気持ちでしょうね。でも、つけられたご本人の身になると、小さいときは少しばかり迷惑だったかな、なんて考えてしまいます。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



12月23日 ヒヨドリジョウゴ


この実をヒヨドリが好むところからの命名だそうですが、図鑑には「毒」マークがあります。鳥は食べることができても、人間はダメということでしょうか。
はめ込んだ写真は11月中旬のもので、葉が3裂しています。葉の変異の幅が大きいようです。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月23日 カンアオイ


カンアオイの花です。花じゃなく「鼻」の間違いかなと思わないこともないのですが…。
鼻穴のなかにはしっかり鼻毛が、もとい、花びらの奥にはしっかり蕊が見えています。蕊を確認してからつくづく見直すと、木の実の殻みたいに見えていたものが花びらと思えなくもありません。
名前の由来である心形の葉は、残念ながら枯れ色でした。春先に山道で出会ったものは、はついていても花に恵まれませんでした。完璧ショットは越年の課題です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



12月23日 トサミズキ


インベーダーゲームなどにこういうキャラクターがいそうですが、これはトサミズキの実の殻が割れた状態です。
春の花はスカートの下からはみ出したような蕊がかわいいのですが、冬にもこんな愛嬌を振りまくなんて、なかなかサービス精神旺盛です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



12月23日 ユズリハ


次の世代に禅譲していくように見える葉が縁起物とされるユズリハです。
でも、常緑樹はホントはみんなそうしているわけで、別にユズリハに限ることはないと思うのですが、やはり葉の艶やかな緑と柄の赤の取り合わせが好まれるのでしょう。
同じユズリハでも、柄の白いタイプは正月飾りにも使われないようです。(2005年)

花と葉芽の様子はこちら、若い実の様子はこちらです。

☆ページトップへ戻る☆



12月23日 キンセンカ


園芸店で見ると、カレンデュラという名前になっていることが多いのですが、なんのことはないキンセンカです。
魔法瓶が今どきはポットになり、庭いじりはガーデニングですから、金盞花だってスマートに呼ぼうということでしょう。盞の字が盃の意味であるのは捨てがたいことなのですが…。
ただ、新しい名前から新しい知識を得るメリットもあって、カレンデュラはハーブとしてかなりメジャーでした。外傷にも効くし更年期にもいいのだそうで、試してみようかな。(2006年)

キク科 Calendula officinalis

☆ページトップへ戻る☆



12月23日 コガマ


コガマの穂の綿毛を強調してみました。
左の穂の姿から、次第にやせ細って、最後は芯だけになります。(2006年)

夏の姿はこちらです。

ガマ科 Typha orientails

☆ページトップへ戻る☆



12月23日 ムサシアブミ


ムサシアブミの実がみごとな朱赤色になりました。
春に咲く奇怪な花だけでもインパクト十分ですが、秋の青い実もかなり風変わりです。
そして最後は自分の重さで倒れそう…。咲いてから枯れるまでエンターティナーです。(2006年)

サトイモ科 Arisaema ringens

☆ページトップへ戻る☆



12月23日 ユーカリ


15mはありそうな大きな木です。皮が剥けて露出した白い肌が冬日に輝いてきれいです。
コアラで有名ですが、ユーカリはものすごく種類が多いので、これがコアラさん御用達のそれかどうかは保証の限りではありません。(2006年)

フトモモ科 Eucalyptus

☆ページトップへ戻る☆



12月24日 カミヤツデ


ヤツデと同じくウコギ科の常緑低木ですが、葉の大きさが決定的に違います。子供の座布団くらいはある大きさです。
茎の髄が白く、これを紙に加工したのが名前の由来です。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月24日 ゴシキトウガラシ


赤・紫・オレンジ・クリームと四色までは勘定できるのですが、名前どおり五色とするには、淡いクリームを白とするか、濃い紫を黒とするか、ビミョーです。
分類的には食用の唐辛子と区別しないようですが、流通名としてゴシキトウガラシは定着しているらしいので採用することにします。(2006年)

ナス科 Capsicum

☆ページトップへ戻る☆



12月24日 ハナイソギク


この花とは二度目の出会いです。最初は秋の初めで、そのときの持ち主は「イソギク」としか答えてくれませんでした。
縁とは愉快なもので、今度はまったく別の場所でバッタリと。しかも、謎の磯菊君は今回は名札をつけていてくれました。
調べたら、ふつうのイソギクがほかの菊と交配するとハナイソギクになりやすいとのこと。最初の持ち主が「磯菊しか植えていないのに」と首を傾げていたわけがわかりました。(2006年)

キク科 Chrysanthemum × marginatum

☆ページトップへ戻る☆



12月24日 サネカズラ


奇妙な形のが印象的なサネカズラですが、いつの間にかヤマボウシと兄弟みたいになっていました。
さて、落ちたあのコブと残ったこの球体、いったいどちらが種でしょう。
残ったこの球体をつまんでみました。プニュプニュします。割ってみました。中は白いスポンジ状物質だけでした。なるほど、あのコブが真犯人、いや集合果と呼ぶ種でした。(2006年)

夏に咲く花はこちらです。

マツブサ科 kadsura japonica

☆ページトップへ戻る☆



12月24日 シロタエヒマワリ


暮れも押し詰まってきて、もうふつうの向日葵を見ることはありませんが、このシロタエヒマワリはここ以外にもあと1カ所で開花を確認しています。
長生きのせいか背丈は3m近くもあって、異彩を放ちます。もちろん、本来は夏の花です。(2006年)

キク科 Helianthus argophyllus

☆ページトップへ戻る☆



12月24日 スギゴケ


冬場にはどんな緑にも反応してしまって、ついに苔類も登場です。
でも、これはかなりの入門編…、と甘い考えで調べたら、本当はスギゴケにもいくつか種類がありました。見分けがつかないので、スギゴケとだけしておきます。
名残りのモミジが彩りを添えてくれると、京都のお寺さんでも散歩している気分です。(2006年)

スギゴケ科 

☆ページトップへ戻る☆



12月26日 ヒマラヤユキノシタ


ユキノシタ科の常緑多年草(宿根草)で、春一番に開花するのが本来のようですが、今年はかなり早咲きなのでしょうか。
ウインターベゴニア、ベルゲニアなどの別名があるようです。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月26日 ハクモクレン


春の花も大きくて立派ですが、芽も今の時期からこんなに目立ちます。
「冬来りなば春遠からず」という言葉を思い出させてくれます。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月26日 ハゼノキ


11月前半にこの木の紅葉を載せましたが、あとからこんなに立派に実をつけた木や美しい紅葉の高木(はめ込み写真)を見つけてしまいました。
実から蝋を作ったといいますが、とても固くて石のようです。どうやって加工したのか、想像もつきません。(2004年)

この実を半年ほど貯蔵して、「温圧」して蝋をとるそうです。どこかでまだその作業が見れるといいのですが。(夏の実の様子はこちら)(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



12月26日 ナンキンハゼ


ナンキンハゼの真っ赤な紅葉を撮りのがしてしまいました。
夏には花の姿をとらえて、手ぐすねひいていたのですが、残念です。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月26日 キルタンサス


花の姿が間延びして変ですが、名前もじつに覚えにくくて困ります。
この名前は「曲がった花」という意味だそうですが、確かに曲がっています。上向きに曲がったり、花色がオレンジのものもあるようです。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月26日 オタフクナンテン


オタフクナンテンともオカメナンテンとも呼ぶようです。ゴシキナンンテンというのも同じものだと思います。
ふつうの南天はあまり紅葉しません(常緑と分類されているが、結構色づくものあり)が、これはこんなにいい色になります。その代わり実はつきません。天はニ物を与えず、でしょうか。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月26日 ノースポール


春花壇の定番ですが、今の時期から咲いていました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月26日 パンジー


和風に言うとサンシキスミレです。
パンジーのことを調べようと検索したら、こういうサイト(http://www1.odn.ne.jp/koyama/viola-sennka.htm)がトップでした。世の中にはすごい人がいるものです。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月26日 ガマ


ガマの穂がはじけていました。
この穂がさらに枯れた姿はこちら、穂がきれいな夏の姿はこちらです。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月27日 ソシンロウバイ


陰暦臘月(12月)に咲くから「臘」梅が本来のようですが、花が蝋細工みたいに見えるので「蝋」梅とも当てますね。臘月の謂れに従えば来月開花が順当なのですが、今年は志木でもこんなに花開いています。
本当のロウバイは花の中心に紫褐色の芯があり、ソシンロウバイ(素心蝋梅)にはそれがありません。
夏にはこんながつきます。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月27日 ドイツトウヒ


垣根をそのままX’masツリーに使うお宅があって、年が明けたのにまだ飾付けが…と思ったら違いました。おや、花かな…と思ったらまた違いました。
これは冬芽を包んでいた皮が剥けてきている状態で、ここから枝が展開し、春には本当の花をつけるようです。
本場の欧州ではこれをNorway spruceというそうですが、日本ではなぜかドイツトウヒと呼び、樅ノ木よりも手軽にツリーに使います。トウヒは唐檜なので、ドイツにノルウエイに中国(唐)まで登場してしまいました。(2006年)

マツ科 Picea abies

☆ページトップへ戻る☆



12月27日 オキザリス・セルヌア


このオキザリスの特徴は、30pほど長くのびた花柄です。名前のセルヌア(cernua)は「うなだれる」という意味の学名で、この写真の株だけがくたびれていたわけではありません。
しかし、うなだれた特徴だけではこの花がかわいそうなので、この鮮やかな黄色をほめてあげましょう。一つの花が3cmほどと大柄で、このように固まって咲いて豪華です。(2006年)

カタバミ科 Oxalis cernua

☆ページトップへ戻る☆



12月27日 ニンジン


人参が人参らしい赤い肩を見せて育っている姿は意外に見ることができません。大根なら青首とか地表に出ても平気なのに、人参は日が当たって緑になったらかなり食べにくそうです。
志木の南隣の朝霞市は昔の陸軍駐屯地だったところで、そのせいでこの辺はお馬さん用の人参栽培が盛んでした。広大な人参畑がたくさんあったのですが、今どきはそのほとんどが瀟洒な住宅街になってしまいました。(2006年)

セリ科 Daucus carota

☆ページトップへ戻る☆



12月28日 オキザリス・プルプレア


3pほどの大輪の花で、喉のところが黄色です。
紅白そろっていますが咲き分けではなく、両方の株を寄せ植えしてありました。(2006年)

カタバミ科 Oxalis purpurea

☆ページトップへ戻る☆



12月28日 チチコグサモドキ


チチコグサに難儀していて、ごくフツーの父子草がなかなか見つかりません。これは!?と思っても、どこか違うのです。
たかが父子草と言ったら悪いのですが、その名のつくものは意外に多く、種類を断じきれないままボツになる写真も少なくありません。
比較的わかりやすかったのはウラジロチチコグサで、今回の「モドキ」もその次くらいに見分けやすい種類でしょうか。全体が毛深く、茎があまり分岐せず、花(蕾)が葉腋に団塊状につきます。(2006年)

キク科 Gnaphalium purpureum var. spathulatum

☆ページトップへ戻る☆



12月28日 シュロチク


30年以上もウチで暮らしている古株さんです。これを育て始めたころは、棕櫚と棕櫚竹の違いも知らなかったのだから危ない主人でした。
ときどき葉先が茶色に枯れるときがあったのですが、それは根が詰まっているサインでした。人間も足裏にすべてのツボがあるようですが、植物と一緒だなと思ったものです。(2006年)

ヤシ科 Rhapis humilis

☆ページトップへ戻る☆



12月29日 ウド


春の若芽と茎を食用にしますが、夏にまで咲くと「独活の大木」=役立たずになります。
その花が終わったまま畑に放置して、実がこんなに黒く熟しているので、来年用の種を作っているのでしょう。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月29日 マダケ


ふつうに見る竹のほとんどは孟宗竹で、それに次いでポピュラーなのがこの真竹、そして淡竹(ハチク)があります。
このうち、孟宗竹だけは節の輪が一本で、真竹と淡竹はともにそれが二本です。
ただし、真竹と淡竹にはわかりやすい見分けポイントがなく、この写真のものも相対的な太さ(真竹の方が稈が太くて長い)と青さ(淡竹は稈がやや白い)で真竹としました。(2005年)

<補注> タケノコの状態なら、淡竹のそれにはとても特徴のあることがわかりました。(2012年)

☆ページトップへ戻る☆



12月29日 クリハラン


裏側から光を透かしてみたクリハランです。
一本の茎に葉が一枚だけ、というやや変わった性質です。海中でゆらめく昆布に見えなくもありません。
もっとも、これだけクッキリと胞子嚢があってはシダ以外の何物でもありませんが、名前はランです。確かに葉蘭を小さくした感じです。
そして、葉脈の強い葉は、一枚の形が栗の葉に似ています。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



12月30日 コトネアスター(ベニシタン)


バラ科の低木で、暖地では常緑だそうですが、志木ではこのとおり落葉していました。落ちていた葉は実と同じくらいに小さくて丸い形でした。
コトネアスターという名(標準和名)を聞いて、「エゾギク(アスター)の種類?」と不思議に思いましたが、cotoneum(マルメロ)+aster(似て非なるもの)というラテン語が原典でした。(2004年)

この木の花は赤なのでベニシタンという別名は不都合ではありませんでしたが、白花の木も見つけてしまいました。白花でベニシタンでは腑に落ちないので、ここのタイトルもコトネアスターを前面に立てました。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



12月30日 ヤエスイセン


本当は八重水仙の中にもたくさんの種類があり、それぞれに名前があるようなのですが、今のところはこの程度の分類でご勘弁です。
シベが花びらに変化しているというところはハタザクラとお仲間さんです。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月30日 マンリョウ


千両・万両、有り通し」という洒落のアリドオシだけ、ついに今年は見つかりませんでした。
来年も、どうやらお金とのご縁は薄そうです。(2004年)

アリドオシ(一両)を見つけました。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



12月30日 ホソバヒイラギナンテン


じつはこの木は少し納得がいっていません。この写真の範囲なら「細葉」でいいのですが、脇にふつうのヒイラギナンテンの枝があるのです。
それがただの混栽ならいいのですが、どうも同じ株に見えるのです。そういうことがあるものかどうか、継続調査中ということにしておきます。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月30日 ブロッコリー


12月の前半にブロッコリー畑を載せたばかりなのに、また登場してしまいました。
でも、畑で花が咲いているのは珍しい(収穫遅れ?)ので、つい撮影してしまいました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



12月31日 ヒノキ


生成り色の太い毛糸で編んだ北欧風のカーディガン、あれについているボタンを思わせます。
大きさは、あのボタンの半分程度ですが、ヒノキの実はなかなか目立ちます。数がたくさんつくせいもありますが、葉の緑とのコントラストが鮮やかなことも目をひく理由でしょう。
樹形や葉などが似ている針葉樹にサワラアスナロがありますが、残念ながら実はここまで大きくありません。さすがにヒノキ、その材だけでなく実までが立派です。(2005年)

実が青いときの様子(&葉の見分け)はこちらです。

☆ページトップへ戻る☆



12月31日 イイギリ


高さが10mもありそうな大きな木です。葉はすべて落ちて、赤いカンザシだけが暮れの寒風に揺れていました。
手元で見る実は朱色ですが、上空にあると色みが濃く見えるようです。(2005年)

開花の様子はこちら、落葉前の実の様子はこちらです。

☆ページトップへ戻る☆



■ 1月前半 ■ 1月後半 ■ 2月前半 ■ 2月後半 ■ 3月前半 ■ 3月後半 ■ 4月前半 ■ 4月後半 ■ 5月前半 ■ 5月後半 ■ 6月前半 ■ 6月後半 ■ 7月前半 ■ 7月後半 ■ 8月前半 ■ 8月後半 ■ 9月前半 ■ 9月後半 ■ 10月前半 ■ 10月後半 ■ 11月前半 ■ 11月後半 ■ 12月前半 ■ ページトップへ戻る


■ MENU画面  ■ 草木365日(増補版)  ■ はたざくら(長勝院旗桜)  ■ 猫やメダカやお酒、その他  ■ おーなーずるーむ