■ 1月後半

■ 1月前半 ■ 2月前半 ■ 2月後半 ■ 3月前半 ■ 3月後半 ■ 4月前半 ■ 4月後半 ■ 5月前半 ■ 5月後半 ■ 6月前半 ■ 6月後半 ■ 7月前半 ■ 7月後半 ■ 8月前半 ■ 8月後半 ■ 9月前半 ■ 9月後半 ■ 10月前半 ■ 10月後半 ■ 11月前半 ■ 11月後半 ■ 12月前半 ■ 12月後半
■ <草木365日> ■<植物名検索> ■<逆引き・植物名検索>


☆目当ての草木を探しやすくするため、「草の部」と「木の部」に分けてありますが、草木いずれともしにくいもの(例:クレマチスやチェリーセージ)は両方にサムネイルがあります。そのため、ページの掲載総数とサムネイル数は合致しません☆
☆新しく掲載した草木は、そのタイトル(日付・植物名)がオリーブ色になっています☆

■ 草の部 ☆日付の浅い順に並んでいます☆ ☆サムネイルをクリックすると、その掲載日付箇所へ移動します☆

■ 木の部 ☆日付の浅い順に並んでいます☆ ☆サムネイルをクリックすると、その掲載日付箇所へ移動します☆


1月16日 クロチク

竹類の見分けは自分にとってむずかしいものの一つですが、これだけ見かけと名前がシンクロしてくれていれば助かります。
もっとも、若いときのクロチクは緑色をしているそうなので、油断はなりませんが…。(2007年)

イネ科 Phyllostachys nigra

☆ページトップへ戻る☆



1月16日 チョウセンマキ


槙と呼ばれる種類の中では、例のお印話題のおかげで高野槙が一気に有名になってしまいました。
それに比べると、ドラマであれだけ韓流ブームなのにかかわらず、こちらの槙はまったく注目を浴びません。確かに、すっくと天を突く高野槙に比べると、背丈がなくて韓流スターのようにはいきません。
どうも変だと思ったら、槙というもののじつはイヌガヤの仲間、朝鮮というもののじつは日本で作られた、という腰砕けでした。葉色は渋く落ち着いて素敵なんですけどね。(2007年)

イヌガヤ科 Cephalotaxus harringtonia forma fastigiata

☆ページトップへ戻る☆



1月17日 ヘクソカズラ


陽光に輝くヘクソカズラの実です。7月前半にが咲き、翌月にはもう青い実がついていましたが、冬になってこんな姿になりました。
表皮はカラカラに乾いているように見えますが、実の中には種とともにオレンジ色のおつゆがあります。このおつゆ、味はありませんが、しばらくすると舌が軽く痺れました。
手指のひび割れ・アカギレに薬用効果があるそうです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月17日 ホトケノザ


春の先駆けの花だと思っていたら、なんともう咲き出しています。青いオオイヌノフグリの花も土手を飾り出しています。
これらは暖冬のせいではなく、今ごろから咲くのが当たり前のようです。
もっとも、今は走りの時期で、盛りはやはり3月でしょう。そして5月まで見かけますから、見かけのわりにはずいぶんシブトイものです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月17日 ジュズダマ


半年前にはみずみずしかったジュズダマが、ここまでカラカラになりました。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月17日 ハボタン


ハボタンの中心部に肉迫してみました。
今年は、丸葉や縮緬や珊瑚葉など、一鉢にいろいろ寄せ植えにしているのですが、写真にして面白いのはこの大阪丸葉でした。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月17日 ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)


冬でも青々とした葉のジャノヒゲですが、勢いのいい葉の陰にひっそりと紫紺の実をつけます。
秋に咲いていた白い花は径5oほどと小さく冴えない姿でしたが、実はなかなか豪華です。ただ、ヤブランのように穂を出さず、葉に隠れてしまいがちなのが残念です。
根が横に広がって増えるとばかり思っていましたが、種でもしっかり子孫繁栄をはかる両面作戦のようです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月18日 モミジバフウ


紅葉の美しいモミジバフウですが、その葉が落ちたあとにもこんな変わった実を楽しませてくれます。
種が飛び出したあとの鞘が鳥の嘴(くちばし)のようです。さながら、樹上の巣で親鳥に餌をねだる雛たちを思わせます。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



1月20日 インドゴムノキ


30年以上もウチにいるゴムノキなのですが、のびては切られ続けている割には拗ねもせずに元気に育っています。(下から見上げた状態)
普通はこれをゴムノキと言いますが、ほかにもそう呼ぶ種類があるので、ここでは正式にインドゴムノキとしておきます。デコラゴムノキという名も一般的に使われます。(2007年)

クワ科 Ficus elastica

☆ページトップへ戻る☆



1月22日 フユザクラ


フユザクラといえば群馬県鬼石(オニシ)町が有名で、TVニュースに流れたりしますが、だいたい12月初旬がピークのようです。
ところがこのとおり、まだまだ花は咲き続けています(1/22撮影・新宿区)。蕾もまだついています。
調べてみると、この桜はこのまま春のレギュラーシーズンまで花をつけるようです。十月桜寒桜と比べると華やかさは劣りますが、持久力で勝負のマラソン型なのですね。(2005年)

もう少し咲きっぷりのいい木を見つけました。

バラ科 Prunus × parvifolia

☆ページトップへ戻る☆



1月22日 カンザキアヤメ(カンアヤメ)


菖蒲の狂い咲きに見えるかも知れませんがそうではなく、冬が花どきのカンザキアヤメです。
花は普通のアヤメに劣らず華麗ですが、背丈がかなり寸詰まり(15pほど)です。葉の幅も狭く、水仙のそれのようです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月22日 ヤダケ


ふだん目にする竹のほとんどは孟宗竹で、これに真竹とハ竹を加えると、日本に生える竹の99%になってしまうそうです。
量的にはこうなるのでしょうが、困るのは残りの1%が多種多彩なことです。
先月に載せている金明孟宗竹も有名だし、このヤダケは歴史的に忘れられない存在です。
文字どおり「矢」の原料ですが、思いのほかの太さ(1.2〜1.3p)です。もう少し若いのを使うのかも知れませんが、しかしこんなのが刺さったら「痛い」では済みそうにありません。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



1月24日 デージー


夕方の撮影なので、花がやや閉じ加減のデージーです。
Days eyeが語源だそうで、日の出から日没までの「一日を見ている目」という意味なのですね。
語源に従うとデイジーという表記が正しいように思えますが、デージーとするものが多いですね。その意味では雛菊という和名が一番落ち着いていいかも知れません。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月24日 ハナカンザシ


紙細工のように皺々で乾いた感じの花が不思議です。1pちょっとの小さな花なので可憐ですが、これが大きかったら仏事の造花に見えるかも知れません。
花だけではやや淋しい景色ですが、赤紫の蕾が賑やかさを補ってくれています。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月24日 イチゴノキ


ドウダンツツジのような花、鋸歯のハッキリした葉、すぐにでも名前は判明するかと思ったら、これがなかなか…。
腰丈くらいの植え込みでした。
※ヒロさんのご協力で、「イチゴノキ」であることが判明しました。ありがとうございました。2月20日(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月24日 アズマネザサ


はびこると厄介なほど精力旺盛で、園芸的にはほとんど「雑草」扱いされています。
しかし、冬のさなかに雪にもめげずにこうやって緑を見せてくれると、愛おしさを感じてしまいます。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



1月24日 コウヤマキ


春の花は未収録ですが、秋にはこのような実になって冬を越すようです。(雌雄同株)
「槙」と名のつく木の中で、庭木でよく見かけるイヌマキラカンマキは見分けがしにくいのですが、このコウヤマキは葉が細くて長いのでわかりやすく感じます。(2006年)

全体の姿はこちらです。

コウヤマキ科 Sciadopytis verticillata

☆ページトップへ戻る☆



1月24日 ノシラン


葉の中にうずもれていた実を引っ張り出して撮影したので、ややズル写真です。ずっしり重いその手ごたえもあって、まるで本当の瑠璃を見つけたときのような幸福感を覚えます。
夏の花は、失礼ながらスルメの足みたい(熨斗のいわれ)で情緒皆無なのですが、冬にここまで大化けするのだから立派です。
同じユリ科で青い実をつけるものにはジャノヒゲがありますが、あちらは実の数が少なめで、形がもっとまん丸です。宝石っぽい形とボリュームを競うなら、ノシランに軍配です。(2007年)

ユリ科 Ophiopogon jaburan

☆ページトップへ戻る☆



1月24日 ヤマアイ


山間(やまあい)に咲くヤマアイです…というのがまんざら駄洒落でもなく、半日陰の湿潤な場所に密生します。
藍というから少しは青色が出るかと葉をこすってみましたが、まったくその気配はありませんでした。万葉の染めにこれを使ったと言いますが、昔の人の技術には恐れ入ります。
その葉ですが、ツヤツヤと光る表面に棘のようにツンツンした毛があり特徴的です。目立つ葉に比べれば花(雄花)はごく地味な姿ですが、ささやかに咲き出していました。(2007年)

トウダイグサ科 Mercurialis leiocarpa

☆ページトップへ戻る☆



1月26日 モンステラ


お洒落なカフェに似合いそうなモンステラは20世紀の中ごろに大ブームがあったそうですが、今でもその姿は新鮮さを失っていません。
サトイモの仲間なので、あの独特の苞を持つ花をつけると言いますが、かなり高温多湿の環境がいるようです。実も食べられるそうですが、まずは花に会いたいものです。(2007年)

サトイモ科 Monstera deliciosa

☆ページトップへ戻る☆



1月27日 オモト


万年青(オモト)は、猫足の鉢に入れたりして大げさな育て方をしますね。
でも、地植えでもこんなに丈夫に育つようです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月28日 ウメ(白梅)


暮れに寒紅梅が咲き始めてからひと月、白の八重が咲き始めました。
品種の名前はわかりません。川の向こうの空き地みたいな畑みたいなところに3本植えられています。花芯がうっすら黄色のため重量感があります。
たぶん、実を採るための木だと思うのですが、その割には4mほどまで伸ばし放題です。おかげで遠目にも豪華な花姿が楽しめます。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月28日 ノボロギク


悲惨な名前シリーズに名を連ねる資格十分の野襤褸菊です。
花はこのまま開かず、確かに「襤褸」のような綿毛になります。あぜ道などにあり、10〜30pほどの背丈です。
3月前半」にもう少しましな写真を載せなおしました。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月28日 ワシントンヤシ


冬空に屹立する姿がきれいです。
ヤシとシュロが紛らわしいのですが、葉の中折れがないところを判断基準にして、ワシントンヤシとしておきます。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月28日 イトラン


花のない時期は、緑の葉だけにでもカメラは引きつけられます。しかし、この葉の持つインパクトはただ緑なだけとは大きな違いがあります。
葉のふちの繊維がほつれてこのようになりますが、素性は次にあげたキンポウラン(↓)と同じくユッカの仲間です。どちらも夏に花をつけるので、そのころに撮影したいものです。(2007年)

リュウゼツラン科 Yucca filamentosa

☆ページトップへ戻る☆



1月28日 キンポウラン


背の低いヤブランノシランも蘭、このキンポウランも蘭、背丈にして10倍以上も違います。葉の作りもまるで違っていて、改めて「蘭ってなに」と考えてしまいます。
ユッカの仲間で、ボテッとした例の白い花をつけるらしいのですが、花のない今は金の鳳という名をもらった葉を愛でることにします。
ネットで調べていたら、三重県多気町では江戸時代に植えられたこの木が町の重要文化財になっていることを知りました。草木のおかげで、未知の場所が身近になりました。(2007年)

リュウゼツラン科 Yucca aloifolia forma marginata

☆ページトップへ戻る☆



1月29日 イヌガヤ


花の少ない時期、つい元気な緑色にも目が向かいます。
カヤとイヌガヤはよく似ていますが、葉先に触っても痛くない(刺さらない)のがイヌガヤです。(2005年)

イヌガヤ科 Cephalofaxus harringtonia

☆ページトップへ戻る☆



1月29日 コエビソウ


冬にもかかわらず、露地で花開いていました。意外に元気です。
海老色の苞が独特だし、そこから出る白い尾っぽ(花)もキュートです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月29日 オオイヌノフグリ


ホトケノザとセットで「春の野の花」と思っていたのですが、中旬には咲き出していました。
少し花の数が増えたところを撮りました。3月になると、花も葉ももっと鮮やかになります。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月29日 ホウレンソウ


力強い緑のホウレンソウ畑がありました。そろそろ旬のようです。
店先では「連草」と書かれたりしますが、正式な表記は菠薐草とむずかしい字です。
ペルシャ方面のことを昔の中国でこう呼んだそうで、原産地がしのばれます。同じペルシャでもハルシャギクの場合は波斯とあてます。今も昔も複雑な土地柄らしく、表記も一筋縄では行きません。(2006年)

☆ページトップへ戻る☆



1月30日 アセビ


暮れからずっと、赤い組み紐のような花穂をプラプラさせていたアセビですが、あっと言う間に咲き出しました。
漢字は馬酔木と書きますが、古名は安之碑などとあててアシビだったそうで、「悪し」=有毒が語源なことがわかります。
残る「ビ」はいったい何でしょう。アセ「ボ」という呼び名が現存しているようなので、ビやボは「葉」からの転音と考えたのですが、正解が知りたいものです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月30日 ギンモクセイ


結実はないものと思っていたギンモクセイに実がついているのを見つけました。びっくりしてネットを調べたら他所でも実はなっています。大喜びした分、損をした感じです。
このとおり、ネズミモチの実を膨らませたような形と色合いです。長さは2pくらいで、しっかり目立つ大きさです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月30日 クロトン


クロトンという名前がかわいくて覚えやすいのですが、別名は変葉木(へんようぼく)で、こちらはかなりストレートな名前です。
赤・黄・緑の混じる葉色が特徴ですが、色だけでなく葉の形もいろんなパターンがあるようです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月30日 オキザリス・バーシカラー


ラディッシュ細工のようなストライプが特徴のオキザリス・バーシカラー(ベルシコロール)です。
カタバミの類はかなり寒さに強くて、この時期もいろいろ見ることができますが、このオキザリス・バーシカラーは美人度No.1に思えます。(2005年)

カタバミ科 Oxalis versicolor

☆ページトップへ戻る☆



1月30日 オウバイ


名前は黄梅でも分類はモクセイ科、花の姿と咲く時期から梅の名を借りたようです。
枝ぶりが横に這うように伸びて直立せず、確かに梅とは違います。その枝は緑色で断面が四角、古くなると灰色とやや風変わりです。
花も梅と違い合弁で、6枚に裂けています。形がジャスミンみたいだと思ったら、学名にJasminumという綴りが入っていました。漢名は迎春花です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月30日 シナマンサク


マンサクの花がほころび始めているのを見つけました。1月2日に花芽を紹介したのとはまったく違う株です。
萼の外側がやや毛深くて、枯れ葉がまだ残っています。この二つの点が見分けポイントで、マンサクの中でもこれはシナマンサクにあたるようです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



1月30日 ユキヤナギ


中旬からパラパラと小さな花が開き出して、果たしてこれを開花としたものかどうか迷います。
ただ、少し遠目にも花が目立つようになったので、一応載せておきましょう。盛りはやはり3月でしょう。(2005年)

紅葉のうちに花が咲き出した姿はこちらです。

バラ科 Spiraea thunbergii

☆ページトップへ戻る☆



■ 1月前半 ■ 2月前半 ■ 2月後半 ■ 3月前半 ■ 3月後半 ■ 4月前半 ■ 4月後半 ■ 5月前半 ■ 5月後半 ■ 6月前半 ■ 6月後半 ■ 7月前半 ■ 7月後半 ■ 8月前半 ■ 8月後半 ■ 9月前半 ■ 9月後半 ■ 10月前半 ■ 10月後半 ■ 11月前半 ■ 11月後半 ■ 12月前半 ■ 12月後半 ■ ページトップへ戻る


■ MENU画面  ■ 草木365日(増補版)  ■ はたざくら(長勝院旗桜)  ■ 猫やメダカやお酒、その他  ■ おーなーずるーむ