■ 7月前半

■ 1月前半 ■ 1月後半 ■ 2月前半 ■ 2月後半 ■ 3月前半 ■ 3月後半 ■ 4月前半 ■ 4月後半 ■ 5月前半 ■ 5月後半 ■ 6月前半 ■ 6月後半 ■ 7月後半 ■ 8月前半 ■ 8月後半 ■ 9月前半 ■ 9月後半 ■ 10月前半 ■ 10月後半 ■ 11月前半 ■ 11月後半 ■ 12月前半 ■ 12月後半
■ <草木365日> ■<植物名検索> ■<逆引き・植物名検索>


☆目当ての草木を探しやすくするため、「草の部」と「木の部」に分けてありますが、草木いずれともしにくいもの(例:クレマチスやチェリーセージ)は両方にサムネイルがあります。そのため、ページの掲載総数とサムネイル数は合致しません☆
☆新しく掲載した草木は、そのタイトル(日付・植物名)がオリーブ色になっています☆

■ 草の部 ☆日付の浅い順に並んでいます☆ ☆サムネイルをクリックすると、その掲載日付箇所へ移動します☆

■ 木の部 ☆日付の浅い順に並んでいます☆ ☆サムネイルをクリックすると、その掲載日付箇所へ移動します☆


7月2日 カンナ

夏の花の定番でしょうか。
花は赤とか黄色とか暑苦しいのですが、葉が涼しそうでいいですね。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月2日 ナンキンハゼ


6月27日にもを載せましたが、今度は食虫植物みたいな奇妙な触手が目立つ花です。
これはナンキンハゼの雌花(メシベ)です。雄花は同じ穂の上側です。
雌雄同株ではあるのですが、木によって雌性・雄性の出方が違うという不思議な木です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月2日 ノキシノブ


昔はあまり誉められた景色ではなかったでしょうが、今どき藁葺きの屋根に軒忍が生えているのは鑑賞に値してしまいます。
常緑性のシダ類で、別名をヤツメランというそうですが、この葉裏をみると頷ける名前です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月2日 トウネズミモチ


ふだんはほとんどその存在を忘れているのに、木々というのは花どきになると急に目立ちます。桜や木犀がその代表でしょうが、今の時期はこのトウネズミモチですね。少し見回すと、あちらこちらで薄いクリーム色の房が風に揺れています。
仲間のネズミモチと見分けにくいものもありますが、開花時期が少し遅いように思います。
ただ、見分け方だけ言うなら、不確かな時期よりは葉脈が頼りになります。陽にかざすと、トウネズミモチの方が葉脈が透けてはっきり見えます。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月2日 ウチワサボテン


サボテンとして日本に紹介された最初のものといいます。
棘の大小や葉の形にバリエーションはあるようですが、透明感のある黄色い花は共通の特徴のようです。(2006年)

サボテン科 Opuntia sp.

☆ページトップへ戻る☆



7月3日 メタセコイア


生きる化石:メタセコイア(アケボノスギ)です。1943年に中国・四川省で「生」が発見されるまでは、化石しかなかった=絶滅種と思われていたそうです。
発見から60年、今では学校の校庭とか公園とか、アチコチで見かけます。大きな木です。(2004年)

よく似た木(同じスギ科)にラクウショウ(ヌマスギ)があります。見分けは実の大きさでできますが(メタセコイアの方が小さい)、実のないときは葉のつき方で区別します。メタセコイアは写真のように対生ですが、ラクウショウは互生です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月3日 タブノキ


木はあまり変哲のないものですが、この実がたまりません。
暖地に向いているようで、三浦半島では15mくらいある独立樹を見ました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



7月3日 ヤブヘビイチゴ


次にあげるナワシロイチゴとか、5月2日に載せているヘビイチゴとか、似たものがあります。
どれも食欲をそそるものではありませんが、食べて毒ではないようです。(2004年)

バラ科 Duchesnea indica

☆ページトップへ戻る☆



7月3日 ナワシロイチゴ


上にあるヤブヘビイチゴと同じような場所ですが、こちらの方が草地の端にありました。日照を好むようです。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



7月3日 センリョウ


正月には万両とともにきれいな実が床の間を飾ったりしますが、夏の花は両方のイメージが大きく異なります。
ヤブコウジの仲間でうつむきがちに咲く万両に対し、科の違う千両(センリョウ科)はつぶらですが上向きに咲いています。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月3日 リョウブ


赤みを帯びた若葉はシックな美しさでしたが、花が咲き出すと一転して豪華な佇まいになりました。
この木を救荒用に政令指定(?)したのが令法(リョウブ)の名の由来というのはお決まり解説ですが、食べたのは花や実ではなく葉のようです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月3日 コンボルブルス


陽光のもとでないと花は見せてくれないということを知らず、早朝散歩のとき「もう花どきが終わったのか」と落胆していました。
昼どきに通りかかったらしっかり花盛りです。ブルーカーペットという別名に合点がいく景色でした。(2006年)

ヒルガオ科 Convolvuls sabatius

☆ページトップへ戻る☆



7月3日 カラスビシャク


5月の半ば、他家の植木鉢に生息するカラスビシャクを見つけたのに続き、今度は勝手に触っても良さそうな空き地で発見です。しかも、分解しても良いくらいたくさん生えています。
茎が膨らみ出す部分の内部では種ができ始めていました。ここが雌シベにあたるそうで、雄シベはその先にある煙草のフィルターみたいな白い塊です。
さらにこの膨らみ部分からのびるアンテナは「付属体」というオマケでした。(2006年)

サトイモ科 Pinellia ternata

☆ページトップへ戻る☆



7月4日 ツタバウンラン


掲載したとき(2004年)は「カキドオシ」としていましたが、大きな間違いでした。
どうやらツタバウンラン(ツタガラクサ:ゴマノハグサ科)のようです。ツタバは蔦葉、カラクサは唐草ですが、ウンランは雲蘭と海蘭の二通りの表記があって、どちらを採るべきかわかりません。
ツツジの垣根にからまって、まるでカキドオシのように元気よくのびていました。花は1pもない小さなものです。
去年、この時期に見つけたので7月に載せましたが、今年は4月下旬には開花を確認しています。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月4日 サルスベリ


百日紅と書く名前のように、夏を通して咲いています。
アップにしてみたら、オシベの黄色が意外なほど鮮烈でした。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



7月4日 ナス


ごく普通に近所の畑で見ることができる茄子なのですが、HP開設以来3年目にしてようやく収録できました。
どうせなら一枚の写真に花と実を写し込みたいと狙っていたのですが、それがなかなかの難儀でした。「千に一つも無駄がない」と言われる茄子の花ですが、そのせいか、結実すると花はどんどん別の場所で咲きます。
実が真っ黒に写ってはいますが、これはうれしい一枚です。(2006年)

ナス科 Solanum melongena

☆ページトップへ戻る☆



7月5日 カクレミノ


どれもこれも緑で、なんだかハッキリしない姿ですが、一応開花の写真です。
でも、花の近くの葉は裂け目のないものばかりなので、カクレミノらしい葉っぱを入れ子写真にしました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



7月6日 コノテガシワ


「児の手」ガシワです。たて向きに並ぶ葉が、そんな風に見えます。
雌雄異花同株ですが、雌花はこんな変わった実になります。
しかし、柏餅の葉とは似ても似つかない葉です。カシワの語源は「炊ぐ葉」、お料理の盛り付けに使えるものを呼んだようです。
そういえば、アカメガシワも、本来の柏とは姿の違う葉です。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



7月6日 タンポポ


タンポポといえば西洋タンポポばかり見るようになりましたが、どっこい関東タンポポがありました。
総苞が反り返らないのが特徴です。絶滅危惧種なので、鉢植えにして保護しようかと思います。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



7月8日 ハス


咲くときにポンと音がするというのですが、自分の耳で確かめないといけません。
と思いつつ、早起きして確かめに行く訳でもなく、漫然と時は過ぎてゆきます。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



7月8日 イチョウ


焙った銀杏は好きでも、夏のうちから公孫樹(イチョウ)の樹を見上げてチェックする人は少ないでしょう。
まるで姫リンゴと間違えてしまいそうに、堂々とした大きさの実です。(2004年)

折々のイチョウの様子はこちらです。  若葉 熟した実 黄葉

イチョウ科 Ginkgo biloba

☆ページトップへ戻る☆



7月9日 アオギリ


去年は撮影にしくじって掲載をあきらめたアオギリの花ですが、今年もまるっきりペケですね。
色合いも形も、じつに写真になりにくいのですが、花時期の写真がないのも淋しいので、一応載せておきます。 秋に熟す実は、まだ少しは写真になってくれました。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月9日 イヌビワ


冬の枯れ枝に実だけ残っていたイヌビワが青々と葉を繁らせています。
実だけ見て、ビワというよりイチジクに近いかと余計なことを考えましたが、この葉を見ると、むむ、イヌビワです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月9日 ノブドウ


あと2週間もすれば、実が色づいてくるノブドウです。
今はまだ実があっても青いし、ひと房の中でも開花と結実にかなりの日にち差があることがわかります。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月9日 ゴシキドクダミ


どうせなら花がきれいなときに載せたかったのですが、それは来年の課題にします。
緑と赤と黄と、どう見ても三色しかないのですが、名前どおりの五色が見つかるかどうかも懸案です。(2006年)

ドクダミ科 Houttuynia cordata cv. Variegata

☆ページトップへ戻る☆



7月10日 エゴノキ


8日掲載のイチョウと似たような絵になってしまいましたが、葉っぱの違いをよく見てください。
実のつきはわりといい木ですが、ここまでビッシリと成っているのは珍しいと思います。(2004年)

エゴノキ科 Styrax japonica

☆ページトップへ戻る☆



7月10日 カラスウリ


夜に咲く花なので、虫を集めるために花びらがこんなに派手になりました。
次にあげるキカラスウリに比べて、花のレース部分が繊細です。葉っぱはこちらの方が小ぶりで、表面がザラつきます。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



7月10日 キカラスウリ


上のカラスウリと比べると、花のヒラヒラが太めです。また、花も葉も、カラスウリよりも照りがあります。
秋に成る黄色の実(カラスウリはオレンジ色)も、カラスウリより大きめです。キカラスウリの根は、干して天花粉(汗止め)にします。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



7月10日 メマツヨイグサ


待宵草の一種でメマツヨイグサです。メは雌です。花がオオマツヨイグサの半分ほど、直径3〜4cmです。指で触ると、オシベが絡まりつくのが特徴です。
この画像は朝6時40分ころのもので、まだ花がきれいに開いていますが、念のためあとで(8時40分ころ)見たら、しっかり萎れていました。名前ほど「夜の花」ではありませんが、明るい陽射しが嫌いなことは確かです。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



7月10日 ヘメロカリス


ヤブカンゾウノカンゾウに近いものであることは、姿や開花時期ですぐ想像できます。
元々の生まれは日本(とか東洋)で、ユウスゲやカンゾウ類の仲間なんですね。いわゆる逆輸入というか、向こうで園芸改良されて、種類も豊富です。
花びらがスマートなものもあります。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月10日 カンガレイ


この草がカンガレイと聞いて、つい城下鰈とかの仲間かと不思議な思いをしましたが、「寒」いときに「枯」れた茎が残る「藺(イグサ)」でした。
葉の中間に花(小穂)をつけるのがハナイカダに似て見えますが、小穂までは茎、その上の部分は苞なのだそうで、さてもさまざまな構造があるものです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月10日 キンカン


柑橘類の花はさっぱり見分けがつかないので、冬の実で特定できたキンカンの木に花がつくのを待ち構えました。
実が小さいので花も小ぶりて華奢かと思ったら、開ききった花の直径は意外にも実と同じくらいの大きさで頑丈そうでした。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月10日 オオバギボウシ


ギボウシは古くから愛好家が多い植物で、その分、種類も数え切れないほど多いのですが、このオオバギボウシはかなりベーシックタイプでしょう。
葉脈の美しさがギボウシの見どころですが、大きな葉が刻みの深さを一層引き立てています。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月10日 マンリョウ


冬の赤い実に比べると、夏の花はなにかひっそりと淋しげです。
こうしてうつむいた花を見ると、万両はヤブコウジ(十両)と近親種であることが納得できます。逆に、番付(万両〜一両)で次席の千両は花姿がまるで違っていて、やっぱり他人の空似であることが確認できます。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月10日 ヤブミョウガ


膝の高さほどのところまで茎がのび、その先に花を咲かせます。葉は下の方にしか展開しないのでピンボケしてしまいましたが、ミョウガそっくりに縦筋の入った細長型です。
名前どおりに藪の中で生育するので、白い花が目立ちます。秋には黒くて丸い実になりますが、ミョウガという名は見かけだけで食べるところはなさそうです。
特に誰かが手をかけている訳でもない空き地に、毎年、他の雑草に負けずに顔を見せます。かなりのシブトイ系です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月10日 カランコエ


肉厚な葉とその縁の刻みが印象的です。(2006年)

ベンケイソウ科 Kalanchoe blossfeldiana

☆ページトップへ戻る☆



7月10日 チドリソウ


図鑑のチドリソウは花がもう少し豪華なのですが、これは野生に近いものかも知れません。
別名で飛燕草とも言いますが、どちらも同じ発想でしょう。長い「距」の姿が鳥の飛ぶ姿を思わせてくれます。(2006年)

キンポウゲ科 Delphinium ajacis

☆ページトップへ戻る☆



7月11日 ラッカセイ


この写真を撮ったときは、正体がわかっていませんでした。9月になって、根元にぽっこりとピーナツができて「納得」です。
出来立てを茹でピーにして、ビールをグイッとやるために、プランター栽培などしてみたくなりました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



7月12日 カラジューム


里芋の仲間とは思えないほど立派な観葉植物です。我が家に転がり込んできた鉢植えが、到着早々花を咲かせてくれました。
葉の色は白系が主流のようですが、こんな賑やかな色合いは見ごたえが格別です。レッドフラッシュという品名ですが、まさしく見たまんまのネーミングです。(2006年)

サトイモ科 Caladium

☆ページトップへ戻る☆



7月13日 ヘクソカズラ


オオイヌノフグリ、ハキダメギク、ママコノシリヌグイと並んで、「酷い名前」ランキングの上位候補です。
そんなに悪い臭いもしないんですけどね。よく見ると、ヘクソカズラの花にも個性があり、白っぽいもの、赤っぽいもの、大きいもの、小さいもの、いろいろです。その中でも、これは赤いストライプがペチュニアみたいで珍しく思いました。(2004年)

実のつき始めはこちら、冬の実だけの状態はこちらです。

☆ページトップへ戻る☆



7月13日 ヤブツバキ


一瞬「リンゴかな」と思いましたが、ヤブツバキ(ヤマツバキ)です。
いろんな椿の原型みたいなものですね。実をちょいと失敬しましたが、全体重をかけて踏んづけても割れません。ウチに戻って包丁で切り分けたら、中には直径1センチくらいの固くて黒い種が2個入っていました。(2004年)

☆ページトップへ戻る☆



7月13日 エノコログサ


エノコロ(←犬ころ)グサが標準のようですが、この辺ではネコジャラシと呼ぶ人が多数派です。
ところが、海の向こうではフォックステイルだそうで、犬・猫に加えて狐さんまで登場です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月13日 コブナグサ


もう少しすると花(小穂)がつくはずですが、こうやって葉だけ見ると同じイネ科の仲間であるチヂミザサと感じが似ています。
しかし、チヂミザサがあくまで地表を這うのに比べ、コブナグサは茎が枝分かれして脛の高さくらいまで立ち上がります。(2005年)

イネ科 Arthraxon hispidus

☆ページトップへ戻る☆



7月13日 オトギリソウ


弟切草という物騒な名前(とその由来伝説)の割りにはとても可憐な花です。切られた弟をはかなんでか、花も日中だけの一日花です。
刃傷沙汰の元になった薬効があるのは葉の方ですが、その表面に黒い油点があるのが特徴的です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月13日 キヌタソウ


小さな白い花というのはそもそもが写しにくいし、日陰の好きなキヌタソウが相手ではさらに撮影がむずかしくなります。加えて、あまり花に寄ると、特徴である葉を写しこめないという悩みもあります。
努力の甲斐もなく花が滲んだ感じに写りましたが、ちょっと幻想的で偶然を喜んでいます。
砧の形にちなんだ実がつくにはまだ早い時期なので、今度はその写真をうまく撮りたいものです。(2006年)

アカネ科 Galium kinuta

☆ページトップへ戻る☆



7月13日 シロネ


太くて白い根が食べられるのでシロネです。その根に支えられた茎は胸の高さまで直立して勢いがあります。
しかし、その草丈のわりに花はこんなにささやかです。節々にズーッとこうやって咲きます。花をたくさん写し込みたいのに、どうにもうまくいきません。(2006年)

シソ科 Lycopus lucidus

☆ページトップへ戻る☆



7月13日 トモエソウ


全体の感じがビヨウヤナギと似ていますが、あちらは木本で、こちらは多年草、姿がやや小ぶりです。
そして何よりの違いがプロペラ型にねじれたこの花びらです(ビヨウヤナギはフラット)。名前の「巴」もそれに由来しています。
巴模様はおたまの数で「三つ巴」などと呼びますが、これでいけばトモエソウは「五つ巴」になります。紋所では四つ以上は見かけないので、自然界特有の巴模様です。(2006年)

オトギリソウ科 Hypericum ascyron

☆ページトップへ戻る☆



7月13日 ツタバキリカズラ


面白いものを見つけたと思って撮影したのは良かったのですが、なかなか正体が判明しませんでした。形態や性質が朝顔を思わせるからとヒルガオ科ばかり調べたのがその原因でした。
ほかの探し物でたまたまゴマノハグサ科を総覧していたとき、「アッ、これだ!」と快哉を叫びました。まだまだ、科からアテをつける眼力が不足で恥じ入ります。
葉が蔦(つた)の形で、花が桐に似て、ツルが絡まってのびるから蔓(かずら)、と、とても理詰めというか単純というか、身も蓋もない名前です。花色にはピンクや白のバリエーションもあるようです。(2006年)

ゴマノハグサ科 Asarina barclaiana

☆ページトップへ戻る☆



7月13日 ヤクシマハギ


菊をはじめとして、種類が多くて悩ましい草木には事欠かないのですが、このハギ類もなかなかのものです。今まで30種ほど表にまとめてみたのですが、まださっぱり全容がつかめません。
そこでこのヤクシマハギですが、矮性で早咲きというのが特徴の園芸的な種類のようです。
たしかに、地植えでも膝丈くらいなので、ミヤギノハギのように盛大に展開させるスペースは必要としません。秋のイメージを真夏前から先取りするのに役立ちそうです。(2006年)

マメ科 Lespedeza ?

☆ページトップへ戻る☆



7月14日 メヤブマオ


この草の写真を見ただけで、スネや腕が痒くなります。体がほとんど条件反射です。
名前からして「やぶ」ですから、これを撮影するときはヤブ蚊の攻撃は必須です。だったら長袖・長ズボンで武装すればいいのに、この暑さではそれもツライですからねえ。
割りとどこの空き地にも生えていて、シソの葉みたいな優しい雰囲気です。「雌」のつかないヤブマオの方は、もう少しがっちりした風情です。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月14日 ミソハギ


去年は8月末にこの花の叢をとらえてありますが、今年は花をクローズアップしました。
というのは、サルスベリを調べていたら、あれがミソハギ科とわかり、とても不思議に思えたからです。しかし、こうやってミソハギの花を拡大すると、なるほどサルスベリのそれと作りがよく似ています。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



7月14日 ヒマワリ


あまりにベーシックな植物なので、写真としてなにか面白いものを、と思いつつきましたが、気持ちに腕が追いつきません。
迷い迷っているうちに、小学生の絵日記みたいになりました。(2006年)

キク科 Helianthus annuus

☆ページトップへ戻る☆



7月14日 ノハナショウブ


用水のほとりの藪に一本だけ咲いているのを見つけました。アヤメかと思いましたが、花びらの付け根模様に網目が一切ありません。
もしかしたらこれがノハナショウブかも知れません。いろいろ豪華な花菖蒲を作る原種になったというものですが、意外に身近にありました。
花びらの付け根の黄色部分と並ぶ見分けポイントは葉脈です。アヤメやカキツバタは葉がほぼ滑らかなのですが、ショウブ系は葉の中央に一本ハッキリと筋が通っています。(2006年)

アヤメ科 Iris ensata var. spontanea

☆ページトップへ戻る☆



7月15日 モミジアオイ


この名前を知ったとき、ちょっとヘンな感じがしました。「夏なのに紅葉(もみじ)かい?」と。
せめて「モミジバアオイ」なら納得できるのに、と思いましたが、葉の形と花の色を合わせてしまって、こんな名前になったのでしょうか。(2004年)

アオイ科 Hibiscus caccineus

☆ページトップへ戻る☆



7月15日 ムクゲ


ムクゲの中でも、芯の赤いこの白花は一番ポピュラーではないかと思います。
槿は利休のときから茶花として愛されていますが、この底紅は宗旦槿と呼ぶそうです。(2005年)

☆ページトップへ戻る☆



■ 1月前半 ■ 1月後半 ■ 2月前半 ■ 2月後半 ■ 3月前半 ■ 3月後半 ■ 4月前半 ■ 4月後半 ■ 5月前半 ■ 5月後半 ■ 6月前半 ■ 6月後半 ■ 7月後半 ■ 8月前半 ■ 8月後半 ■ 9月前半 ■ 9月後半 ■ 10月前半 ■ 10月後半 ■ 11月前半 ■ 11月後半 ■ 12月前半 ■ 12月後半 ■ ページトップへ戻る


■ MENU画面  ■ 草木365日(増補版)  ■ はたざくら(長勝院旗桜)  ■ 猫やメダカやお酒、その他  ■ おーなーずるーむ